BIGLOBE SIMの特徴

参考:http://join.biglobe.ne.jp/mobile/sim/

Wi-Fiスポットが使えるSIM契約

Biglobe SIMの特徴は、BIGLOBE Wi-Fiという、Wi-Fiスポットの利用ができることが大きく挙げられます。250円払うと、Wi-Fiスポットを使うことができます。
全国で86000箇所のアクセスポイントがあるため、全国のスターバックスやマクドナルドなどの休憩スポットでも使うことができますし、新幹線や鉄道の駅などでも利用できます。空港でも使用が可能です。そのため、容量制限になりがちな格安SIMですが、つかうデータ容量の節約ができるのです。

最適なプランを選べる

BIGLOBE SIMは、3GB使用可能な「エントリープラン」、6GB使える「ライトSプラン」、12GB使用できる「12ギガプラン」から選ぶことができます。おすすめなのは、6GB使えるライトSプランです。携帯キャリアの最大用量が使えて、値段も格安なのでおすすめです。
他の同価格帯のプランは、5GBであることを考えると、BIGLOBE SIMのライトSプランはお得だといえるでしょう。

通話オプションも選べる

通話オプション月702円を使えば、最大60分の国内通話が可能、もしくは、何度でもかけ放題3分以内というサービスがついています。3分かけ放題といいながら、実際は10分間無料で通話できるので、音声通話が必要な人は、とてもお得なサービスだということができます。
エンタメフリーオプションもついており、月1058円で、音楽と動画のサービスでのデータ通信量がかからないサービスとなっています。動画や音楽をよくつかう方にはおすすめです。
YoutubeやアベマTV,更に Google play Music,やApple Musicなどのサービスでデータ通信量がかかりません。

格安SIMの中でも大きなデータプラン

6GBや12GBのプランといった、大きなプランを用意しているのがBIGLOBE SIMの特徴です。大手キャリアで通信した場合、7GB程度で容量制限になりますので、12GBははるかにそれを上回っていることになります。
シェアSIMサービスを利用すれば、あまったプランをわけあえることができます。ライトSプランでは2枚、12ギガプランの場合は最大で4枚のシェアSIMをプラスできます。

また、6歳以上の未成年者でも、シェアSIMのユーザーとして登録することができます。
ただし、シェアSIMは、契約料が3000円かかります。最低利用期間もあり、12ヶ月以内で解約すると、8000円の解約手数料がかかるのがネックですが、家族で分け合うことができるため、お得なプランといえるでしょう。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ