IIJmioの特徴

参考:https://www.iijmio.jp/

参考:https://www.iijmio.jp/

IIJmio(みおふぉん)の特徴は、全プランが複数SIMに対応

IIJmioは、「みおふぉん」と呼びます。読み方は「アイアイジェイミオ」なのですが、みおふぉんという愛称で呼ばれています。IIJ(インターネットイニシアティブ)が提供しています。

ミニマムプラン、ライトスタートプラン、ファミリーシェアプランの3つのコースがあります。それぞれ、音声機能つきのSIM(みおふぉん)と、データ通信専用のものが準備されていて、どちらかを選んで契約することになります。使えるデータ容量と、SIMカードの枚数が異なります。

IIJでは、データ容量をクーポンと呼び、1ヶ月のデータ容量をバンドルクーポンと呼んでいます。
ミニマムプランと、ライトスタートプランは、SIMカードを最大2枚まで追加することができ、バンドルクーポンはそれぞれ3GBと6GBです。ファミリーシェアプランは、10GBのバンドルクーポンで、最大10枚、そのうち音声通話機能付きSIMは5枚までのSIMカードを追加できるのです。
ミニマムプランとライトスタートプランは、2枚目のSIMカードから、ファミリーシェアプランは4枚目のSIMカードから、それぞれSIM1枚につき、月額400円がかかります。

上手にやりくりするコツがあるのがIIJmio

IIJmioの特徴として、スマホのデータ使用量をうまくやりくりするコツがあります。
クーポンのON・OFFスイッチ機能を使えば、高速通信が必要なときにだけONになり、その他のときはOFFになります高速通信のデータ容量を節約できます。
ホームページを閲覧したり、動画を見たりするときは、高速に、メールの送受信やTwitterなどの容量の少ないサイトにアクセスするときは低速に切り替えれば、バンドルクーポンを無駄にせずにすみます。

余ったクーポンを繰越可能で、切れてもバースト転送機能で快適に

IIJmioでは、あまったクーポンは自動で翌月に繰越されます。そして、クーポンのON・OFFスイッチ機能を上手に使って、クーポンを節約することで、より多くの容量を翌月に繰り越すこともできます。
クーポンが万が一切れてしまったときには、バースト転送機能があります。バースト転送機能は、通信のはじめのみ、少しだけ高速通信になるという機能です。
これを使うことによって、快適にインターネットに接続することができます。追加クーポンのオプションもあって、100MBで200円にて購入することができます。このようにIIJmioは、基本的な格安SIMの機能にプラスアルファしたサービスを持っている優れた格安SIMサービスだといえるでしょう。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ