ネットワークセキュリティーキーを忘れてしまったら?

pixta_15480431_S

ネットワークセキュリティキーとは

ネットワークセキュリティキーは無線LANに接続する時に必要となる暗証番号のことで、パソコンやスマートフォンを無線LANに接続したい場合はSSIDとともに、必ず入力を求められます。
初期設定のままであるならば、無線LAN機器か、または無線LANを購入したときについてきた書類に記載してありますが、セキュリティの関係上変更したほうが良いでしょう。

このネットワークセキュリティーキーは長く、また種類も多くあるため、覚えておくことは困難で、多くの方はメモ帳などに記載しておくことが通常のようです。
しかし、万が一ネットワークセキュリティキーを忘れてしまい、無線LANに接続することができなくなった場合はどうしたらよいのでしょうか。

ネットワークセキュリティーキーを忘れたら

ネットワークセキュリティーキーを忘れてしまった場合にはいくつかの方法で確認が可能です。

まずは無線LANルーターとパソコンがつながっている場合です。
この場合、無線LANにパソコンでアクセスし、無線LAN設定を確認することでネットワークセキュリティーキーを知る事が可能です。

また、初期設定から変更していない場合は無線LAN機器の側面等にセキュリティーキーの記載されたシールが貼ってあるため、確認しやすいです。
モバイルルーターの場合は背面パネルをはずし、バッテリー等に記載されているため、こちらも簡単に確認が可能となっています。

すでに接続されたネットワーク回線ではパソコン上で確認することも可能です。

パソコンのOSによっても異なりますが、Windowsの場合はコントロールパネルのインターネット回線のオプションから、Macの場合はユーティリティーのキーチェーンアクセスから確認が可能となっています。

ネットワークセキュリティーキーを忘れた場合の最終手段

ネットワークセキュリティーキーを初期設定から変更し、そのキーを忘れてしまった場合は最終手段として、ルーターのリセットを行う方法があります。

ルーターのリセットを行うことで、工場から出荷された状態に戻すことができ、ネットワークセキュリティーキーも初期設定に戻すことができます。

そのため、初期のセキュリティーキーでアクセスできるようになりますが、今までに行っていたルーターの設定を再びしなおす必要があるため、可能であるならばきちんとメモを取ったり、確認する手段を調べておくと良いでしょう。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ