モバイルルーターを多く手掛けるファーウェイとはどんな会社なの?

モバイルルーターをたくさん世の中に出しているファーウェイとう会社は、現在日本でどんどん拡大しています。
ファーウェイという会社について、調べてみました。

ファーウェイはどんな会社なのか?

ファーウェは、携帯電話の通信における整備や開発業務を行っていました。
現在は、携帯電話だけでなくスマートフォンへ進出し、開発やインフラに関する仕事を行っています。
昨年の実績として、大手端末メーカーを抑え世界で3番にまで上り詰めるなど今飛躍的に上昇してきています。

国内でみてみれば、イーモバイルへ通信機器を販売したり、ルーターやフォトフレームなども大手キャリアメーカーへ販売を行っています。
こうした実績があることもあり、モバイルルーターやSIMフリーなど市場のリーダーとして活躍しています。

モバイルルーターのSIMフリーを開発

SIMフリーのスマートフォンを世の中にたくさん出しているファーウェイは、これだけではなくモバイルルーターに関してもトップクラスの位置にいます。
多く販売している機種の中でも、Mobile Wi-Fi E5383は軽量で持ち運びが簡単なモバイルルーターとなっています。
それに、SIMと組み合わせることによって、費用を抑えることができるのでお得に利用することができます。
軽量かつコンパクトタイプにも関わらず、3000mAhと大容量のバッテリーを搭載し、通信時間13時間と非常に長い時間利用することができる優れものです。
一日持ち歩いたとしても、途中で充電切れになる心配がありません。
充電に不安がある時には、省エネモードにすることでエコに活用することができ便利です。

コスパを抑えた端末も登場

2014年にファーウェイは、「Ascend Mate 7」や「Ascend G620S」を販売しました。
これらの最大の特徴は、コスパが高いことと機能性が優れているということです。
指紋認証、1300万画素のカメラなど便利な機能が充実しているのにも関わらず、値段が安いということで、注目されました。
この端末を販売した1年後には、「honor」も登場させました。
「honor」は、写真撮影をする時に発生するピンボケを自動で調整してくれる機能を搭載しました。
従来の機能にプラスし、価格はそのままという非常に魅力的なサービスを展開しています。

モバイルルーターを検討しているという人は、ファーウェイ製品をチェックし他の商品との違いを実感してみてください

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ