家での接続範囲を広げる中継器とは?

固定回線よりも、Wi-Fiを使った方がいつでもどこでもインターネットを利用することができるとして、現在普及率が高くなってきました。
しかし、電波が届かなかったりするとイライラが募ってしまいます。
こういった時に、中継機を利用活用すればWi-Fi環境をクリアにできます。
Wi-Fi環境を整えることができる、中継機に関して説明をしていきます。

中継機って何?

中継機とは、名前の通りルーターからスマホやタブレットへの電波をスムーズに届ける為の中間役をしてくれるものです。
Wi-Fi環境に不満がある場合、この中継機を利用することで途中で動画が途切れてしまったり、止まってしまうといった不具合を解消できます。
中継機は基本的に、電波が悪いところに設置します。
これによって接続ができる範囲を広げることができるので、つながりにくい場所もスムーズになります。
自宅の中で、どうしても電波が悪いところがあり不満があるという時には、中継機を利用し、快適なネット環境を作り上げましょう。

中継機ならバッファローがおすすめ

中継機の種類はたくさんありますが、中でもバッファローは設定が簡単でルーターの買い替えの必要もないので、設置方法や設定に不安がある方でも安心して利用することができます。
ワンプッシュで設定が完了し、スマホやタブレットへの設定もいらないので非常に簡単です。
WPSに対応しているWi-Fiルーターなら、買い替えをする必要がないので余計な出費を防げます。

設置場所によって機種を変更しよう

モバイルルーターには様々な種類があるので、設置する場所に応じた形を選ぶようにしましょう。
少しでも設置場所を狭くしたいという場合には、直接コンセントに設置できるWi-Fiルーターがおすすめです。
家族がたくさんいて、一人でも多くインターネットができる環境を作りたい時には、最大で4人まで接続可能なタイプを選ぶといいでしょう。
このように、利用シーンに合わせて選ぶ機種を変えることで、設置場所をわざわざ確保しなくてもすみます。

モバイルルーターに詳しくなくても安心

モバイルルーターと聞くと、専門的な知識がないと設定ができない、利用するまで時間がかかってしまう・・・などの始めて利用する人にとって、イメージがマイナスになってしまいます。
最近では、バッファローのように簡単に設定完了し、すぐに利用開始できるものが多くなっているので、心配せずにモバイルルーターを利用できます。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ