モバイルルータのIPアドレスは固定なのか

IPアドレスとは

IPアドレスはインターネット上の住所のようなもので、端末の場所を表し、メールやファイルの送信でご送信を防ぐために設定されるものです。
そのため、電源が付いており、インターネットに接続している端末であればすべてにIPアドレスが付与されています。
ではIPアドレスの固定とはどのようなものなのか。

IPアドレスを固定化すると、一つのアドレスをずっと使い続けることができるようになります。
固定化を行わないと、インターネットに接続するたびにIPアドレスが変わるため、同じIPアドレスは使用できません。
そのため、同じIPアドレスを使用するためには固定化するための設定や契約を行う必要があります。

IPアドレスの固定化の特徴

ではIPアドレスを固定化するメリットとは何なのでしょうか。

IPアドレスを固定化する事によって、会社から自宅のパソコンにアクセスできるようになったり、自宅のパソコンをサーバーとして使い、データの通信やアクセスした人の特定が簡単になったりと様々なメリットがあります。

しかし、固定されていると、ハッカーなどにIPアドレスを特定されたときに、データの流出やハッキングといった被害に遭いやすかったり、プロバイダー費用が多くかかったりするため、通常は端末ごとにIPアドレスが変わるような設定となっています。
このように固定化で受けるメリットもデメリットもあるため、自分がどのような利用をするかによって固定化するかどうか選択すると良いでしょう。

モバイルルーターの場合のIPアドレス

モバイルルーターでインターネットを利用する場合にも、もちろんIPアドレスは使用されます。
しかし、近年のIPアドレス枯渇の問題から固定のIPアドレスが設定されるケースが多いようです。
そのため、電源のONOFFなどではIPアドレスは変わらず、個別の対応が必要となってきます。

モバイルルーターのキャリアによっては無料でIPアドレス変更のオプションを行っている所もありますが、通常は有料で行われている事が多いようです。
ですが、IPの固定化が気になる方や、スマホやパソコンに関して特別にセキュリティを気にしている方以外は、そこまで気にする必要はなく、通常の利用で大きなデメリットを受けることはほぼないでしょう。
また、中には自動でIPアドレスが変わるプランのキャリアも存在しているため、気になる方はそちらを契約する事も一つの方法ではないでしょうか。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ