モバイルルーターを既存の無線LAN親機に接続するには

モバイルルーターと無線LAN

モバイルルーターは外出先でWi-Fiを使える大変便利なもので、家の中でも好きなところでインターネットに接続できるため、とても重宝します。
しかしそれとは別に家ではインターネットの回線契約を結んでいて、無線LANを導入している方もいるのではないでしょうか。
そのような状況だと家の中ではモバイルルーターと無線LANの二つの電波が飛び交う状況になります。

こうなってくるとそれぞれの電波が競合して回線が遅くなることがありますし、モバイルルーターの方は通信量が一定を超えると回線速度が遅くなる契約であるため、知らず知らずのうちに遅くなっているということもあります。

そんな回線速度の低下抑制やモバイルルーターの通信料節約のためにも家に無線LAN設備がある方は、モバイルルーターを無線LAN親機と接続して快適なインターネット環境を手に入れましょう。

モバイルルーターと無線LAN親機を接続する

まずは無線LANとモバイルルータを接続するためのLANケーブルを用意します。
モバイルルーターの充電に必要なクレードルと無線LAN親機をLANケーブルで接続し、モバイルルーターの設定を変更しましょう。

設定の中にブリッジモードという項目があり、そのモードを有効にすることで、モバイルルーター自体のWi-Fi機能は無効となり、家のインターネット回線を経由して接続できるようになります。

これでモバイルルーターの回線を使うことなく、インターネットに接続することが可能です。
ただし、モバイルルーターを外出先へ持ち出す場合は、変更した設定を元に戻す必要があるため、注意しましょう。

モバイルルーターを接続するメリットとは

モバイルルーターを無線LAN親機に接続するメリットとしては、モバイルルーターの家にいるときは通信料を抑えられること、また無線が2種類飛び交い、競合してしまうことを防ぐことができます。

さらに既存の無線LAN親機の電波が届きにくい所でも、ブリッジ接続したモバイルルーターを持ちこむことで安定した電波が届くようになります。

家では据え置きの無線LAN、外出先ではモバイルルーターのWi-Fiと賢く使い分けることで、契約料金を安く抑えたり、今までより快適にインターネットを楽しむことができます。
そのため、少し難しいからと敬遠せず、今使っているモバイルルーターや無線ルーターについて調べてみることも良いでしょう。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ