ルーターモードとアクセスポイントモードの違い

pixta_17275857_S

ルーターにはモードの違いがある

ルーターにはいくつかのモードがあることをご存知でしょうか。
それはルーターモードとアクセスポイントモードと呼ばれる二つのモードで、使用方法や使用状況によってそれぞれ使い分ける必要があります。

これを間違って使っていると、回線速度が遅くなってしまったり、最悪の場合は接続できないなんて事にもつながってしまいます。
使い方を間違えないためにもルーターの二つのモードの違いについて紹介します。

ルーターモード

ルーターモードとは通常はモデムからインターネットの接続するときはモデムの穴の数である1台の機器でしかインターネットに接続できないのですが、その接続できる台数を増やすために利用される機器がルーターです。
このように、複数の機器でインターネットにアクセスできるようにする機能であったり、IPアドレスを割り振ってくれる機能を持ったものがルーターモードとなります。

そのため家庭用のモデムから、接続できる機器の数を増やすために利用されます。
また、モバイルルーターの場合は通常はモデムが行うようなインターネット回線に接続する機能を持ち、さらにその回線を複数の機器に振り分ける機能を持っており、大変便利な機器と言えるでしょう。

アクセスポイントモード

アクセスポイントモードとはハブモードやブリッジモードとも呼ばれ、ルーターの機能を一部のみ利用できるようにするモードです。
ルーターとはインターネットへの接続や接続に必要なIPアドレスの割り振りを代わりに行ってくれる機械で、これがないとスムーズにインターネットを楽しむことが難しくなってしまいます。

しかし、このルーターが二つ繋がっていると、一回認証したものを二つ目のルーターでまた認証するという、二重の働きを行うため、回線速度が遅くなってしまうことがあります。
そんな状況を防ぐために、アクセスポイントモードを利用します。
一つ目のルーターはそのままにして、もうひとつのルーターをインターネットに接続するための接続口として利用することで、回線速度が遅くなってしまうことを防げます。
ルーターにはアクセスできる機器の数が決まっており、特に有線ルーターでそのアクセス数を増やすときに良く利用されるモードです。

このような違いがあり、通常の家庭で利用されることが多いモードはルーターモードであり、大家族であったり、企業であったりと多くの方がインターネットを利用する場合にはアクセスポイントモードであることが多いです。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ