Aterm MR04LNの特色

index_img_key

Aterm MR04LNの特長

Aterm MR04LNはNECから販売されているモバイルルーターの一つで、Aterm MR03LNの後継機種に当たります。

そのため、Aterm MR03LNで話題となった低消費電力やBluetoothテザリングによる通信といった機能も搭載されているほか、改善された機能や新しい機能が追加されています。

前の機種ではauの回線の一部に対応していませんでしたが、こちらの機種では問題なく使うことができ、本当のsimフリーのモバイルルーターとして利用する事が可能です。

また、simカードを2枚差しこむことができるような仕様のため、例えばdocomoとauであったり、softbankと海外メーカーのsimカードであったりと様々な組み合わせて利用する事ができるため、状況に応じて回線を使い分けることができるようになっています。
そのため、日本国内のみならず、海外でも利用する事ができ、海外出張の多い方にも大変便利なモバイルルーターです。

Aterm MR03LNとの比較

前の機種であるAterm MR03LNとはどのような違いがあるのでしょうか。
まず、回線速度ですが、Aterm MR04LNではLTE-Advancedという新たな回線に接続できるように改良されており、従来よりも高速で通信ができるようになりました。

また、auの利用している回線にも対応したため、au専用でモバイルルーターを購入する必要がなく、多くのsimカードが利用できるようになっています。
さらに、同時に接続できる台数も増えたため、小さな会社や事務所などの無線LANとしても利用できるのではないでしょうか。

従来の機種では初期設定にスマホやパソコンが必要だったのですが、このAterm MR04LNでは初期設定を本体のみでできるようになり、簡単になっています。

ここからは細かな違いとなりますが、前のAterm MR03LNではsimカードを挿入する際は非常に開けにくかった背面パネルを開け、バッテリーを取り外さなければならなかったのですが、このAterm MR04LNでは背面パネルが取り外しやすくなり、バッテリーを抜かずにsimカードがセットできるように改良されています。

このように前の機種と比べてかなりの改良が施されており、使いやすさや利便性が向上したものとなっています。
そのため、前の機種で満足できなかった方やこれから新しくモバイルルーターを使いたい方、海外での利用を考えている方まで、多くの方に利用しやすい製品でしょう。

>>Atermシリーズの口コミ一覧をチェック

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ