Aterm WM3600Rの特色

uqwimax_90035_b

Aterm WM3600Rとは

大きさが約70mm(W)×95(D)×12.8(H)mmの、薄型デザインのポケットWi-Fiになっています。この大きさは名刺入れよりも小さくなっています。
NEC製、2012年に出されました。
メタリックで高級感のあるデザインで、ピンク、ブラック、シルバーの3種類のカラーから選ぶことができます。
見た目も小さく、薄型でさらに重さも110gと軽量に設計されているので、ポケットの中でもすっぽり入りますが、女性用の小型のバッグなどでも持ち運びしやすくなっています。
とてもシンプルな作りになっていて、前面には電源ボタンと、設定ボタンがあるだけになっています。
左側には、micro USB端子とクレードル接続用端子が付いているだけで、操作も簡単に行えるようになっています。
小型Wi-Fiはどこにいったか分からなくなりがちですが、これにはストラップホールがあるので、ストラップを付けることで、バッグの中でも簡単に見つけることができます。

操作の簡単さもある

ボタンの数も少なく、簡単に操作できます。
操作方法はSETボタンで行いますが、上に付いてる電源ランプ、バッテリーランプ、Wi-Fiランプ、WiMAXランプによって確認することができます。
このランプは明るくなっているので、見やすくなっていて、ランプの点灯や点滅、緑、オレンジ、赤の色の変化によって、現在の状態が分かるようになっています。
なので、細かい設定など確認もなく、常時緑色になっていることで、快適に使用できる状態なのが確認できて便利です。

小型でも充電が長持ち

設定することで、電池の容量が適正な状態になると、充電を停止させられるようになっています。この満充電を防ぐことによって、電池の寿命を延ばし、電池パックが長持ちするようになります。
さらに休止状態に設定することで、待機時間が最大で170時間と長持ちするようになります。他にもWi-Fi機器の通信を停止に設定することでも電力消費を抑えられ、最大25時間の長時間待ち受けになります。
ですが、この商品は2012年2月に発売されていましたが、今現在は販売を中止しております。

>>Atermシリーズの口コミ一覧をチェック

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ