Aterm WM3800Rの特色

K0000463751

Aterm WM3800Rとは

サイズがW89.6×D52×H12.8mmで、手のひらにすっぽりと入ってしまうような大きさの、小型になっていてその大きさは名刺よりの小さくなっています。
重さは80gと本当に小型、軽量という名前がふさわしいくらいのポケットWi-Fiのなっています。
小さくて、コンパクトでも有機ディスプレイが搭載されているなど、機能性は十分な程に付いています。
小型のWi-Fiになると、バッテリーの容量も小さく感じてしまいますが、連続通信可能時間が最大8時間となっていて、常時接続可能な状態の連続待受時間は、最大20時間となって、コンパクトでもパワーがあるポケットWi-Fiになっています。
2013年発売のNEC製ですが現在は販売されていません。

小さいから無駄がない

エリア外に移動して接続が切れた場合も、自動的にWi-Fi接続が切れるようになっていて、無駄に電力が使われないような機能が搭載されています。
さらに使用する時に、約5秒で復帰する休止モードも搭載していて、この機能を使うことで、最大250時間の連続待機が可能になってきます。
他にも、スマートフォンにUSB給電できる機能も追加されていて、これは小さくてもパワフルなバッテリーを搭載していることで、実現できた機能になっています。

見た目もカラフル

ポケットWi-Fiでは、珍しくピンク色があることで、女性も持ちやすくなっていて、有機ディスプレイがあることで、電波の受信状態の確認や、端末情報の確認などがしやすくなり、さらに各種設定も簡単に行えるようになっています。
セキュリティも簡単に設定できるように工夫がされていて、簡単な設定で無線ができるようになっています。
画面の切り替えも、SETボタンを押すたびにメニューが切り替えられるようになっていて、このボタンの切り替え操作によって、公衆無線LANサービスの接続先切り替えだったり、ファームウェアのバージョン確認などができるようになっています。本体に関する操作も、すべてディスプレイに通知されることで、指示に従って操作するだけになっており、毎回パソコンに接続する必要はありません。

>>Atermシリーズの口コミ一覧をチェック

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ