Speed Wi-Fi NEXT WX03の特色

440Mbpsスピード対応の高速モバイルルーター

Speed Wi-Fi NEXT WX03は、新型の最大440Mbpsスピード対応の高速モバイルルーターです。発売予定日は2016年12月となっています。
下り最速で440Mbpsが出るので、かなり後継機としてはスピードアップしています。
モバイルルーターとしてスピードが早いだけでなく、クレードルがついているため、室内でも使うことができます。自宅で充電を兼ねて使用したり、自宅で有線として使ったりすることも可能なのです。

ルーター本体で通信量のカウントが可能

Speed Wi-Fi NEXT WX03の特徴のひとつとして、本体そのもので通信量の確認ができるのです。
これまでは、自分が今、どのぐらいの通信量で制限がかかる直前なのか、それともまだまだ余裕があるのか、わからないで使っていたことだと思います。

一部のプロバイダ製品では、ホームページから確認することができたのですが、それでもいちいちページにアクセスする必要がありました。Speed Wi-Fi NEXT WX03では、ルーター本体を操作することで、いまどのぐらいの通信量なのかがひと目でわかります。
制限がいまかかりつつあるのか、いまはどれぐらいの制限にひっかかっているのか、あと通信量の残量はどのぐらいなのかをルーター本体から操作してチェックすることができますので、制限を気にしながら使用することができます。

Speed Wi-Fi NEXT WX03は、とにかくスピード重視でモバイルルーターを探している人には最適なモバイルルーターでしょう。

行動エリアがWiMAX2のエリアの場合は非常に便利なモバイルルーターとなります。

無線LAN、Bluetoothテザリングもできます

無線LANだけでなく、Bluetoothテザリングも可能です。
Wi-Fiテザリング時は10台、Bluetoothテザリング時は3台の接続が可能です。
同時に多くの端末をつなげることができるので、コワーキングスペースなどでの利用にも最適です。

色は2色展開で、ディープブルーとホワイトゴールドがあります。充電時間は140分、重さは110gで、99×62×13.2(mm)サイズとなります。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ