ULTRA WiFi 4G 102HWの特色

高速通信に対応

2012年10月19日に発売されています、「ULTRA WiFi 4G 102HW」は、SoftBankが提供している従来の3Gに比べて圧倒的な早さを見せるキャリアアグリゲーション、4Gにも対応したモバイルルーターです。
今まで発売されていた3Gハイスピードの下り最大21Mbpsに対して、このルーターは下り最大165Mbps、上り最大10Mbpsという高速通信を可能としており、よりインターネットが快適に利用することが出来るモバイルルーターとなっています。
高速通信を楽しみたいという方にはオススメのルーターです。

4Gと3G環境の切り替えが可能

先程の紹介した高速通信の4Gは、高速ではあるもののまだエリア範囲は徐々に拡大中で、通信が安定されないというところもあります。
そのため、通信速度は劣るものの安定性の高い3G環境への切り替えを自動的に行なってくれる機能が備わっています。
これにより、通信が不安定な環境になったら勝手に4Gから3Gへ転換してくれるのです。
わざわざ設定しなくても自動的に切り替えてくれるので、外出先での利用で荷物を持っていてなかなかモバイルルーターを取り出せないという状況でも安心して使うことが出来ます。

コンパクトなのに大容量、さらに様々な機能も

ULTRA WiFi 4G 102HWは幅が66mm、高さがおよそ104mm、厚さがおよそ15.5mmと、かなりコンパクトで重さは135gしかないので持ち運びには大変便利なモバイルルーターです。
コンパクトさを売りにしているモバイルルーターはたくさんありますが、その分バッテリーが詰めないために、充電が切れやすいというものが多くあります。
しかし、このモバイルルーターは、連続通信時間が3Gでおよそ8時間、連続待受時間はおよそ600時間と、十分外出先でも利用できるものと言えるでしょう。
また、このモバイルルーター1つに対して最大接続数が10台、microSDHCや64GB以上のmicroSDXCなどの外部メモリのスロットが備わっているため、NASとして使うことも可能です。

>>ULTRA WiFi 4G 102HWの口コミをチェック

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ