ブースターを使うとモバイルルーターも電波が強くなる?

Infographic template with growing pencils chart on the gray background. Eps 10 vector file.

電波が弱い場合

趣味でネットサーフィンをするくらいなら少し電波が不安定でも我慢して使うことができるかもしれませんが、仕事で使う場合やオンラインゲームをする場合には電波が安定していないとかなり不便に感じるでしょう。
しかし、モバイルルーターの電波が弱くて使えないから解約する!と簡単に決めることも難しいものです。
なぜなら、モバイルルーターを契約してから2年経たずに契約を解除した場合は、解約手数料が発生してしまうからです。
解約手数料は万単位の金額になることが多いので、そう簡単に契約を解除することもできません。

ブースターの役割

このような場合に、ブースターを使ってみるという方法があります。
ブースターは電波増幅器のことです。
ブースターを近くに置くことでキャッチできる電波を増幅させ、モバイルルーターの電波を強くすることができます。
しかし、ブースターの種類が少なかったり、実際に使っている人もあまりいないというのが現状です。
ブースターを試しに使ってみたけれど、やっぱり電波が良くならなかったという状態になれば、モバイルルーターの購入費に加えてブースターの購入代金も無駄になってしまいます。
さらに、ルーターを解約するとなったら解約手数料も払わなければなりません。
そうならないためにどうしたらいいのか考えてみると、最も良いのは事前に電波の確認をしておくことしかないでしょう。

まずはルーターを使ってみよう

電波状況を具体的に確認する方法としてお勧めなのが、1日単位で契約できるルーターを使ってみることです。
通常の契約とは違い、1日利用で○円というシステムになっているので、お得な値段で試してみるとができます。
データ通信を頻繁にすることが想定できる場所の電波がどのくらいなのかを確認できれば、実際に契約したときに電波が入らずに困るということはありません。
電波はビルとビルの間や電車の中、部屋の奥などで特に入りにくくなることが多いです。
1日や2日など、短期間でルーターをレンタルしている間に、使いたい場所の隅々までしっかり電波状況を確認してみてください。
ブースターはレンタルすることはできませんから、まずは実際にルーターを使ってみることをお勧めします。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ