海外で使うモバイルルーターはどう調達すべきか?

海外旅行ではどうやってWi-Fiを使うか

最近では格安スマホと呼ばれる、格安のSIMカードを挿入して利用できるスマホが普及し始めました。
海外で利用する際も、現地で売られているプリペイド式SIMカードを挿入する事で使用する事ができます。

しかし、もっと手軽でコスパ良くネットを接続するには、モバイルルーターの使用が便利です。
海外でモバイルルーターを使用する方法には、海外用モバイルルーターをレンタルする事で利用できます。
海外用モバイルルーターをレンタルしておけば、海外にいても日本と同様に無料通話やメールを送受信をする事が可能です。
海外でも無料のWi-Fiスポットがありますが、セキュリティに不安がある方にもおすすめになります。

海外用モバイルルーターのメリット

モバイルルーターの受け取りと返却も、事前に通信業者に予約を入れる事で空港で受け取る事ができるので、持ち忘れがなくて安心です。
海外用モバイルルーターは現地に到着した時点で使用する事ができます。
なので、出張で訪れた忙しいビジネスマンもすぐにネット接続を行う事が可能です。

また、プリペイド式SIMカードでは一人が1枚は持っていないといけませんが、モバイルルーターなら1台で複数人の接続を共有する事ができます。

海外用モバイルルーターの注意点

海外用モバイルルーターをレンタル際には、知っておかないと損をしてしまう事もあります。
まず、空港での受け取りを希望した場合は、使用しなくても申し込み期間の料金が請求されるので、その点を理解しましょう。

また、定額制のレンタルがほとんどですが、データ通信が使い放題ではない事も注意点です。
通常のスマホ定額プランと同様に海外用モバイルルーターでも、業者やその国によって通信制が設けられている事があります。
また、レンタルであるので紛失した場合には弁償、キャンセル料や延長料などもあるので規約は必ず目を通して確認しましょう。
そして、機種によっては継続時間が短くすぐに充電切れになってしま事もあるので、充電器のレンタルも必要です。

海外でもネットを使う機会が多いので、そんな時は海外用モバイルルーターが1台あれば安心してネットを利用する事ができます。
しかし、レンタルの際は通信容量や料金が発生するタイミング、規約などをしっかり読んでおく事が大切です。
また、通信容量が重いコンテンツを利用する場合は利用制限がかかってしまう事もあるので、そのような対策にプリペイド式SIMカードを併用すると良いでしょう。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ