モバイルルーターはメイン回線にすることが可能

pixta_7963078_S

モバイルルーターってどうなんだろう?

モバイルルーターを自宅の固定回線代わりに使う方が増えています。
モバイルルーターはコンパクトで持ち運びに便利ですし、固定回線のように使う前に工事をする必要がありません。
特に、一人暮らしだったり引っ越しが多い人は、固定回線よりもモバイルルーターの方がメリットが多いと感じるようです。
しかし、これからモバイルルーターを購入しようと考えている人や、固定回線にしようか迷っている人は、モバイルルーターをメイン回線として使うことに不安や疑問を感じているかもしれません。
そこで、モバイルルーターをメイン回線に使う場合のメリットや注意点などをご紹介していきます。

クレードルや据え置き型があると便利

モバイルルーターをメイン回線に使う場合、クレードルがあると便利です。
クレードルはモバイルルーターを充電するスタンドとして使うことができたり有線LAN接続をしたり、自宅の有線LANを無線化できるなど様々なメリットがあります。
また、クレードルを使わずに、据え置き型のモバイルルーターを設置しても自宅のメイン回線として便利に使うことができます。
据え置き型はコンパクトなルーターと違って、大きさも重量もありますが、アンテナがしっかりしているので電波をよくキャッチできるメリットがあります。
わざわざ固定回線を引かなくても、据え置き型のモバイルルーターで十分なスピードが出ると感じる方も多いです。

データ通信量にご注意を

ただし、モバイルルーターをメイン回線に使う場合には、データ通信量に注意が必要です。
wimaxでは使い放題プランがありますが、いくら使い放題といっても、毎日大量のデータ通信をすることができません。
3日間で3GBを超えるデータ通信をすると、速度制限がかかってしまいます。
家族みんながモバイルルーターを活用しているとあっという間に3日間で3GBを超えてしまうかもしれませんし、一人暮らしであっても、思う存分動画を見ていたら速度制限がかかってしまう可能性があります。
ですので、固定回線と違って、完全に自由に使えるわけではないということを頭に入れておく必要があります。

どのくらいの量のデータ通信をするか分からない場合は、まずはモバイルルーターをメイン回線として使ってみて、速度制限がかかるようなら、固定回線も検討してみると良いでしょう。
固定回線とモバイルルーターの組み合わせ、モバイルーターとスマートフォンの組み合わせなど使いやすい組み合わせについても検討してみてください。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ