モバイルルーター+中継機で自宅の回線を快適に

モバイルルーターのメリットとデメリット

モバイルルーターは、ポケットサイズの端末で「持ち運び可能」というメリットがあります。
カバンやスーツ内のポケットにもサッと収納出来るので、外出先でもインターネット利用が可能になります。
また、工事費用もかからないので、お手頃な価格でインターネットを導入することが出来ます。

一方でモバイルルーターは、電波が弱い所では、回線が落ちてしまったり、不安定な状態になりやすいです。
自宅内でもモバイルルーターから離れた所では、インターネットが繋がりにくかったり、速度が遅いなど問題が発生することもあります。
確かに、モバイルルーターは固定型と比べて速度に安定性がないと言われているようです。

Wi-Fi中継機って何?

Wi-Fi中継機は、自宅の無線LANやモバイルルーターの電波状況をより良くして、インターネット環境を整えてくれます
Wi-Fiの電波は壁や障害物の通り抜けに弱いため、別階の部屋や、壁で囲まれた部屋では通信速度が低下しやすくなります。

自宅に中継機を設置することで、モバイルルーターの電波を中継し、通信が弱まる前に電波をキャッチして再発信してくれるので、これまで電波の届きにくかった部屋でも、インターネットが快適に利用出来るようになるのです。

ネット接続エリアが拡大すれば、家中どこでも楽しめる

パソコンだけでなく、スマートフォンやタブレットなどのモバイル機器の普及でインターネットの利用シーンは多様化し、1台のモバイルルーターだけで補うことはなかなか難しくなっています。
そうなると、部屋の位置や構造によって、通信品質に差が出てしまうこともあるでしょう。
自宅のWi-Fi環境に不満がある方は、ぜひWi-Fi中継機の利用をおすすめします。
中継機はネットエリア拡大はもちろんのこと、ネット環境の強化にも効果的です。
家中どこにいても安定した速度で、インターネットを楽しむことが出来ます。
特に容量の大きい画面を開く時や動画を視聴する時などは、電波が弱くなるとすぐに途切れてしまいがちですが、中継機を設置することでこのような問題が解消されます。
これにより、オンラインゲームや音楽のダウンロードなどもスムーズに行えることでしょう。
また家族みんなが一斉にインターネットを利用すると、基本的には速度が遅くなってしまいますが、中継機を利用することで、どこにいても安定した速度でそれぞれが利用を楽しめるようになります

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ