災害時に便利な防水・耐衝撃のモバイルルーターとは

Close up terrible dead trees in fog

災害時に利用できる便利なモバイルルーターとは

災害時でも使用しやすいモバイルルーターがあるのはご存じでしょうか。
2014年12月にKDDIから発売された、イリジウム衛星を使用して、衛星通信を手持ちのスマートフォンから可能にする衛星モバイルルーターの「イリジウムGO!」が発売されました。

衛星を使用しているので、海上などで電波が届かない場所や、災害時などの緊急事態でも通話や、データ通信が可能なモバイルルーターです。
サイズもパスポートサイズで、衛星通信端末としては小型となっていて、万が一の災害時に備えて、IP65の防水が備わっています。
IP65は一般的な防塵、防水機能が備わったものになるので、災害時でも安心して使用できるものになっています。
さらに、米国防総省が制定した軍事規格の「MIL-STD-810F」に基づいた温度や耐衝撃、耐落下や耐振動などの性能を備えています。

このように多くの機能が備わっていますが、他にも自分の利用しているスマホや、タブレットを使って、アドレス帳を活用して音声通話やショートメッセージのやりとりが可能になっています。
他にも、ツイッターなどのSNSにも対応しているので、災害時に何かしらの方法で、連絡を取ることが可能になっています。

普段から備えておくことが大切

このように災害時でも使用できるように作られたモバイルルーターがあっても、モバイルルーターを使用するには契約が必要になってきます。
災害が来たからといってすぐに契約しても、本当に困った時に使えなければ意味がありません。
もしもに備えた準備を早めに行うことが、重要になってきます。
使用契約金が1契約ごとに1万円で、月額料金は5000円のプランがあります。
他のモバイルルーターに使用料金に比べると少し高いかもしれませんが、非常時に備えておくことを考えると便利です。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ