モバイルルーターか据置型のwifiルーターか

pixta_18370374_S

2つのルーターの違い

wifiルーターには2つの種類があります。
ひとつが据え置き型のルーターで、もうひとつがモバイルルーターです。
ルーターを購入するときにどちらを選んだ方が良いのか分らない人もいます。
そこで、ここでは据え置き型とモバイルルーターの違いをご説明していきます。

●据え置き型
据え置き型のルーターは最初から、自宅などに設置して使う目的で作られているので、サイズが大きくて重量もそれなりにあります。
持ち運びには適してませんが、アンテナが大きいので電波をしっかり拾う事ができます。
そのため、自宅で固定回線代わりに使う人が多いです。

●モバイルルーター
持ち運びやすいコンパクトなサイズです。
ポケットやバッグに入れても邪魔にならず、様々な場所でデータ通信が可能になります。
ただし、据え置き型よりも電波の受信が弱い場合があります。

据え置き型もモバイルも使い勝手が良い

ルーターを使ってデータ通信を頻繁に行う場所を想像してみてください。
使う頻度が多いのは外出先なのか、自宅なのか、あるいはどちらも同じくらい使うのか…この点を検討しながら、据え置き型かモバイルルーターかを検討してみると良いでしょう。
据え置き型は常に電源コンセントを差した状態で使うので、バッテリー切れの心配がありません。
また、同時接続台数がモバイルルーターよりも多く、家族全員で同時にインターネットに接続することがあっても問題なく使うことができます。

いずれも固定回線を引くよりも簡単!

固定回線を引く場合は工事が必要なので、ルーターが手元にあっても工事が終わらなければ使うことができません。
しかし、こうした据え置き型やモバイルルーターの場合は工事が不要で簡単な設定をすればすぐに使えるようになります。
引っ越しが多い場合は、わざわざ固定回線を引くのが勿体なかったり、面倒に感じるかもしれませんので、据え置き型のモバイルルーターを利用した方が便利です。
通信速度はひかり回線よりも劣りますが、今は最大スピードがどんどん更新されて早くなっていますし、電波状況が良ければ快適に使っていくことができます。

実物を確認してみよう

どちらの方が使い勝手が良いか、家電量販店など実物が展示されている場所に足を運んでみても良いでしょう。
実際にルーターを見てみると、モバイルルーターのコンパクトさに驚くかもしれませんし、据え置き型の安定感に魅力を感じるかも知れません。

どちらにもメリットとデメリットがありますから、どちらを購入したらいいか迷ってしまう場合は、この点をしっかり踏まえたうえで、どちらを選ぶかよく考えてみてください。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ