モバイルルーターの用途。みんなこんなシーンで使ってる!

公衆LANを使わないというスタイル

モバイルルーターは持ち運びが可能なので、主に外で使います。公衆LANのWi-Fiはまだまだ発展途中で、思った所に思ったように接続環境が無い場合があります。

地方に行くほど、その傾向は顕著です。公衆LANがあったとして、実は何かの有料会員のみ可能であったりと、はっきりと無料の公衆LANでない場合がしてきます。
ですが、電波が入ればどこでも使えるのがモバイルルーターです。公衆LANがあるような大きな施設では、電波の入りは携帯電話向けによくできているので、モバイルルーターの電波も強く入ります。

空港や駅、旅行先の施設、コンビニ等、メジャーな施設で公衆LANを敢えて使わないスタイルがあります。

お店の中で使うスタイル

お店によっては、長く滞在する所もあります。オシャレな喫茶店であったり、大きめのカフェテリアであったりします。

そこで、恰好よくパソコンを広げて、軽くインターネットをしてみてはいかがでしょうか。カフェで仕事をするフリーなスタイルも憧れますが、仕事といかなくても、ちょっと調べものをするのに、普段からよく綺麗にメンテナンスしているノートパソコンを取りだして、ちょっとインターネットするというのも、面白いでしょう。
長く滞在するという意味では、図書館で利用するスタイルもあります。

専用のデスクが設けられている図書館がありますので、ルールに従って、タイピング音は控えめにして使ってみるスタイルはどうでしょうか。

外国旅行で使うスタイル

外国は日本国内と料金体系が違い、インターネットには特別な準備が必要です。スマホで新しくコースを申し込んだりしないと、料金の請求が高額になる場合がありますが、そこをレンタルのモバイルルーターで過ごすスタイルがあります。

これは1人がモバイルルーターを持ち歩き、そこに旅行に行く人全員で接続すれば、一人一人が外国のパケットコースを契約する必要がなくなり、かなりインターネット料金を節約できます。

外国旅行でモバイルルーターを使うスタイルはかなりメジャーです。

一人暮らしで常に持ち歩くスタイル

固定回線は持たず、自宅でも常にモバイルルーターを使うスタイルです。

モバイルルーターは使い放題時代に入り、電波が届くので、固定回線を引かずにモバイルルーターで過ごすスタイルの方も増えてきました。

引っ越し直後の工事立ち合いや、引っ越す際の解約が要らず、長期出張の方にこういうスタイルの方はいます。また、家族がいなければ外出中に家でネットをする人がいないので、自由に持ち歩く事ができます。

外出先でも、帰宅時でも、モバイルルーターを使うスタイルは、モバイルルーター使いの究極の形ではないでしょうか。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ