光ポータブルLTE(PWR-N1000)×ニフモを実際に使ってみた体験談

モバイルルーターを使い始めたワケ

わたしの使っているスマホはauのiPhone5sです。
以前はauのLTEフラットに入っていて、月額7000円くらいかかっていました。
ですが、わたしは専業主婦、しかも妊娠出産でほとんど在宅の状態。
こんな高額なプランは必要ない!と格安SIMに変更することを決めました。

家にいるときは、フレッツ光にWi-Fiで接続できるので、外出するときだけネットに接続できればいいのです。
そう思ってauを解約しようとしたら、2年縛りの解約可能な月が過ぎたばかり・・・。

しょうがないので、とりあえず、auのLTEフラットとLTE NETを外して(※)、LTEプランの基本契約で電話を使いつつ、外出時はモバイルルーター+格安SIMでインターネットに接続することにしました。

※2015年11月以降、「LTEプラン」と「LTEフラット」はセットでの契約が必要になったようです。

なぜ光ポータブルLTEにしたのか?

参考:https://flets-w.com/wi-fi/portable/

参考:https://flets-w.com/wi-fi/portable/

使い方としては、外出時にちょっとインターネットに接続できればいいので、月額何千円もするような本気のプランではなく、格安SIM×SIMフリーのモバイルルーターの利用を考えました。

そんなときに、NTTからモバイルルーターレンタルのお知らせが届いたのです。
フレッツ光の契約者なら月額300円でモバイルルーターがレンタルできるとのことでした。

モバイルルーターを使用するのは、auの次の解約月までの2年間の予定。
すると、レンタルした場合は、300円×24カ月で7200円かかります。
その金額で購入できるモバイルルーターもあるので、購入するかレンタルするか迷いました。

購入して2年後にオークションで売ればいいか・・・とも思ったのですが、故障の対応なども考えて、結局レンタルを選びました。
購入するためにちょっと調べたのですが、どの機種がいいのか選ぶのが面倒だったというのも理由のひとつです。

光ポータブルLTE(PWR-N1000)の基本情報

NTT西日本の光ポータブルLTE(PWR-N1000)は、「フレッツ光」または「コラボ光」を契約している人を対象にレンタルしているモバイルルーターで、レンタル料金は月額300円です。
ルーター本体のみのレンタルなので、SIMカードは別に契約する必要があります。

モバイルルーター(PWR-N1000)の基本情報は以下の通りです。

  • サイズ:約96(W)× 67(D)× 16(H)mm
  • 重さ:120g
  • バッテリー:約8時間
  • 同時接続:最大10台
  • SIMフリー

本体のディスプレイで、電波受信レベルと電池残量が確認できます。
端末初期設定は専用画面があり、ブラウザから行えます。
また、専用のスマホアプリ「Aterm Mobile Tool」があり、アンテナレベル・接続状態・電池残量・データ通信量の確認、スリープ設定と解除が行えます。

その他の便利機能として「USB電池供給機能」があり、スマホやタブレットのモバイルバッテリーとしても利用できるそうです。
また、付属のクレードルを装着すれば、おウチのWi-Fiルーターとしても使えるそうです。
両機能ともわたしは利用したことがありませんが、いざというときは使えそうな機能です。

光ポータブルLTEの注意点

レンタルが月額300円なので、気軽に始められそうなのですが、ちょっとした落とし穴があります。
それは契約の2年縛り。
2年未満での解約には、解約金7000円がかかります(※)。
2年使用したとして300円×24カ月で7200円なので、解約しても2年使っても7000円はかかるということです。
ちょっとだけ試したい、という使い方はできないのでご注意ください。
24カ月以降はいつやめても大丈夫です。解約月などはありません。

※フレッツ光の解約と同時に光ポータブルLTEのレンタルを解約するケースでは解約金はかかりません。

利用しているSIMカードとプラン

初めてのモバイルルーターだったので知識もなく、あまり他社との比較もせずにNTTの光ポータブルLTEにしましたが、結果としてよかったポイントはSIMフリーだったことです。

自分のスタイルに合わせて、SIM会社やデータ容量を選べますし、「○カ月無料」などのキャンペーンを行っているSIM会社が多いので、乗り換えて使えば、かなりお安く使えます。
格安SIMの場合は、解約の制限がなかったり、期間があっても半年とか短いので、乗り換えは気軽です。
実際にわたしも乗り換えをして、お得に使えました。

参考:http://nifmo.nifty.com/sim/card_data.htm

参考:http://nifmo.nifty.com/sim/card_data.htm

わたしが現在利用しているのは、NifMo(ニフモ)のデータ通信専用3Gプランです。自宅のプロバイダーがNiftyなので、セット割を利用して900円が700円になっています。
NifMoの前はU-mobileを利用していました。
キャンペーンの無料期間が目当てで変更しましたが、変更も簡単で、モバイルルーターもすぐに使えて問題はありませんでした。

SIMカード(NifMo)の注意点

NifMoの注意点としては、通信利用量の制限があることです。
直近三日間のデータ量の合計が一定の量を超えると200kbpsに制限されるのです。
追加データ(データおかわり)を購入すれば制限が解除されるのですが、200kbpsだと、購入するページを開くのにもすごく時間がかかり、使い物になりませんでした。

プランの変更は前月までに行えますが、最大の10GBプランでも3日で2200MBの制限なので、データ通信量が多い方は注意が必要です。
おそらく、NifMo以外のSIM会社でも似たような制限があると思いますので、契約の前にお調べください。

それ以外では、おおむね満足しています。
3GBプランで900円(Nifty利用者は700円)は安いですし、未使用分のデータ量を翌月に繰り越せるのもよかったです。

モバイルルーターの使い方

上記の通り、ほとんど在宅なので、家ではフレッツ光にWi-Fiでつないでスマホを使っています。
モバイルルーターを使うのは外出する時です。
普段は、近所まで買い物、子どもと児童館へ、というときに持っていきます。
主にメールチェックやLINE、サイト閲覧などです。

週末は家族でドライブへ行くときに使います。スマホのカーナビアプリを使ったり、ぐずった子どもに動画を見せたりするときもあります。
普段よりもデータ量の多い使い方ですが、特にストレスなく使えます。

特殊な使い方として、入院したときに、ビデオ会話や映画を観たりもしました。これも、容量制限を越えなければ、問題なく利用できました。

充電池が8時間しかもたないので、長時間の利用がわかっているときは、スリープ機能を使って電池を節約しています。手動でスリープにすることもできますし、一定時間接続しない場合は自動でスリープモードにできるので、その設定を利用しています。

モバイルルーターと光回線の通信速度の比較

モバイルルーターと自宅のフレッツ光と速度を比較してみました。

まずはiPhone5sからの接続
計測時刻は12時です。
こちらがフレッツ光。

参考:https://fast.com/ja/

参考:https://fast.com/ja/

28Mbpsでした。

こちらがモバイルルーター。

20Mbpsでした。

次にPCからの接続。計測時刻は14時です。
こちらがフレッツ光。


53Mbpsでした。

こちらがモバイルルーター。

22Mbsでした。

まとめると以下の通りでした。

・iPhone5sから接続した場合
フレッツ光:28Mbps
モバイルルーター:20Mbps

・パソコンから接続した場合
フレッツ光:53Mbps
モバイルルーター:22Mbps

iPhoneからはほとんど変わらずで、PCからのほうが速度に差がでました。
体感的には、モバイルルーターに接続していると、ちょっと遅いかな、と思うときがあります。
ですが、映画を観たり、スカイプやLINEでビデオ会話も普通にできます。
容量制限内で使用しているかぎり、通信速度・エリアとしては、特に不満を感じたことはありません。

モバイルルーターにしてよかったところ

なんといっても通信費が劇的に安くなりました。
まあ、これが目的でモバイルルーターに変更したので、予想通りです。

これが、我が家のモバイルの通信費です。

  • auの基本料金934円(わたし)
  • auの基本料金934円(夫)
  • ニフモ700円(niftyとのセット割)
  • モバイルルーターのレンタル料300円

プラスしてフレッツ光とプロバイダーの料金があります。

フレッツ光:約4000円(ひかり電話含む:もっともっと割やグループ割を利用)
nifty光ライフ with フレッツ:950円

全部合計しても、我が家の通信費は8000円です。
電話もほとんどしないので、ほんとうにこれだけです。
以前はわたしのスマホ代だけで7000円くらいだったので、大幅な節約になりました。

ちなみに、モバイルルーターは夫婦で共有しています。
夫はあまりスマホを使わないので、客先へ行くときや出張のときだけモバイルルーターを持っていきます。普段の通勤は、駅やコンビニのWi-Fiで事足りるとのこと。

わたしは外出時に必ずモバイルルーターが必要なわけではないので、ふたりの外出が重なるときは、夫優先で使用しています。
このように、共有できるのもモバイルルーターのいいところです。

モバイルルーターの不満点

やはり、スマホとモバイルルーターの2台持ちは不便です。
120gは、軽いと言っても重い!

もうひとつは充電が約8時間しかもたないこと。
朝から使うと夕方には電池切れです。
スリープ機能もありますが、スリープからの起動がちょっとストレスです。

電源ボタンを押してスリープを解除してから、接続できるようになるまでに時間がかかります。
計ってみたら、「スリープ解除→モバイルルーターが起動→スマホがルーターを認識」の一連の動作で10秒でした。
ドライブなどで長時間外出するときのために、モバイルバッテリーの購入も考えたのですが、まあそこまでする必要もないな・・・と、買わないまま現在に至っています。

これからもモバイルルーターを使うのか?

もうすぐauの解約月になりますので、わたしはモバイルルーターを卒業するつもりです。
不満点にも書いた通り、なんといってもスマホとの2台持ちが重いのが理由です。
夫もauを解約して、二人でmineo(マイネオ)を契約する予定です。mineoの最安プランであれば、通信費的にも今と変わりません。

参考:http://mineo.jp/

あくまで、auの解約月までの暫定的な使い方としてモバイルルーターを選択したので、当初の予定通りの解約です。

さいごに

なんだかんだで2年間お世話になったモバイルルーター。故障もせずに役立ってくれました。
「キャリアの解約金を払いたくない」状況での選択として、間違っていませんでした。
わたしはスマホだけしか接続しないので、格安SIMをスマホに差し込む使い方に変更しますが、端末を複数台持つ人はモバイルルーターが便利だと思います。
わたしも、今後、そういう状況になればまたモバイルルーターを持つことになるかもしれません。
その時は、もっと軽くなっていることを願います!

※個人の感想です。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ