HUAWEI E5377(IIJmio)を実際に使ってみた体験談

私は過去にモバイルルーターY!mobileを利用していました。
しかし住んでいた地域で電波が入りづらい、海外に行く頻度が高く国内で使わない期間が多い、といった理由から解約し、現在はHuaweiのSIMフリーモバイルルーターにIIjmioのSIMカードを挿して使用しています。
国内外で使いやすい、HUAWEI のモバイルルーター(E5377)の体験談です。

海外に行く頻度が高いならSIMフリーモバイルルーターが断然お勧め!

インドの山奥

私は海外に行くことが多く、その間は契約していたとしても国内でモバイルルーターを使用しません。
そのため現在は海外でも利用出来るHuaweiのSIMフリーモバイルルーターを愛用しています。

SIMフリーのモバイルルーターはSIMカードさえ現地のカードに変えてしまえば、現地のキャリアとして使うことができます。
私はどこでもパソコンで仕事をしたいという理由からモバイルルーターを使用しているので海外でも使えるというメリットは極めて大きいです。
また日本にいる間は国内で使える格安SIMを契約しており、現在はIIjmioのSIMカードを使っています。年間の契約縛りがないのでSIMカードが使いづらいと思ったら別のカードを選ぶことができるのも便利です。

HuaweiのSIMフリーモバイルルーターは海外の SIMカードにもバッチリ対応

HuaweiのSIMフリーモバイルルーターはアジアを中心に多くの海外エリアのSIMカードにも対応しています。
実際私はスリランカ、インド、タイ、台湾といった国々のSIMカードを使うことができました。
スリランカの鉄道の中や、インドの山奥の村に行った時にも電波を拾って通信できたのは非常に助かりました。

スリランカの鉄道

アジアを中心に海外にも支店を多く出しており、もし壊れても修理や交換などの手続きも取りやすいのもありがたいです。
海外、特にアジアに行く機会が多い人には国内外で使いやすいHuaweiのモバイルルーターは文句なしでお勧めできます。

専属アプリHuawei HiLinkとの連動アプリで管理がラクラク!

Huaweiのモバイルルーターを利点として、専属アプリHuawei HiLinkの存在があります。
Huawei HiLinkはiOS、Android対応アプリで、アプリ上でSIMカードのデータ通信量や残量の確認ができます。
その他にも接続デバイスの切断や、デバイス間での写真や音楽の共有、ネットワーク状態の可視化などルーター上ではできない、やりづらい管理を行える便利なアプリです。

個人的に一番便利な機能はSIMカードが持っている携帯番号でSMS機能が使えることです。
特に海外では携帯番号とSMS機能を使ってのやりとりができると便利な場面が多々あります。
日本国内でもほとんどの人が利用しているアプリLineの初期設定にはSMSが利用されるなど電話番号とSMSが必須な場面もあるのでこの機能は非常に便利です。

IIjimoを選んだ1番の理由は幅広い地域で電話が安定しているから

IIjmio 参考:https://www.iijmio.jp/

SIMフリーモバイルルーターを使っている私にとってSIMカード選びはかなり重要な決定事項でした。
海外と国内を行きいすることが多く、時には長期日本から離れる可能性もある私にはまず期間縛りのない契約内容を重視しました。
結果格安SIMカードから選ぶことになったのですが、IIjmioを選んだ決め手は国内の幅広い地域で安定した速度で利用できそうだったからです。

購入前は多くのSIMカードの説明を聞き、また実際に利用している人からも話を聞いてみました。
その中でIIjmioは多くの人が利用している割に通信速度が安定して速い、地方に行っても問題なく使えるという声が多かったので選びました。
実際に利用を開始後、国内で地方にも行ってみたのですが、ほとんどのエリアで4G回線が使え快適に使用できました。

一月毎に契約内容の調整可能!現在の通信料は1600円

多くの格安SIMが同じでしょうが、契約内容を月々ごとに見直せるのも非常にありがたいです。
私は自宅では別のWifiがあるので、モバイルルーターは使用しません。
自宅にいることが多い月では通信量3G電話機能付きで1600円の契約内容で過ごしています。
また自宅を離れ地方に行くことが多いと分かっている月は、通信量がもう少し多いプランに変更して使っています。
このように契約内容をこまめに変更できるのが非常にありがたいです。

Huaweiのモバイルルーターに欠点が

お勧めのHuaweiのSIMフリーモバイルルーターですが、幾つか欠点もあります。
一つ目が通常の購入だと初期手数料が1万円ほどかかることです。
私はAmazonで購入したためかなぜか初期手数料は300円しかかかりませんでした。
初期手数料が気になる人はAmazonで購入するのもいいかもしれません。

二つ目はバッテリーがあまり長持ちしないことです。
6時間ほどは使えるのでそこまで気になりはしませんが、海外などで長時間充電できない環境にいた時は電池のもち具合がかなり気になりました。
解決策として、スマホの充電もできるモバイルバッテリーを持ち歩くようにしています。

Huawei E5377×IIjmioのSIMカードはかなりオススメの組み合わせ

私が現在使っているHuaweiのSIMフリーモバイルルーターにIIjmioのSIMカードを挿して利用するのは多くの人にお勧めしたい組み合わせです。
私のように国内外で移動が多くフレキシブルに働いている人には特にお勧めです。
今後バッテリーが20時間続くような軽量型のSIMフリーモバイルルーターが発売されたら新規購入を考えるかもしれませんが、今の所HuaweiのSIMフリーモバイルルーターには概ね満足しているので国内外の様々なSIMカードと一緒に利用を続ける予定です。

※個人の感想です。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ