Wi-Fi STATION L-01G(docomo Xi)を実際に使ってみた体験談

Wi-Fi STATION L-01Gの基本情報

現在使用中の「Wi-Fi STATION L-01G」について魅力的な特徴をご紹介します。
まず大きな魅力のひとつが電波干渉の影響の少ない5GHzに対応していることです。
この機能のお陰で、電波が混線しそうな場所でも安定したネット通信を楽しむことができます。

さらに大容量バッテリー搭載なので、LTE通信で連続20時間使用できる能力があるのも嬉しいルーターです。
モバイルチャージャー機能も付いていて外歩きにも重宝されます。

重さは186キログラムと薄型モバイルルーターに比べると重めかもしれません。画面はタッチパネルになっていて、プロバイダの登録もスムーズに行うことができます。

そしてこの機種からSIMロック解除ができるのも嬉しいルーターです。SIMロック解除しなくても、docomo回線の格安SIMなら使用できるので選択肢が広がるルーターでもあります。

Wi-Fi STATION L-01Gを使い始めたきっかけ

Wi-Fi STATION L-01Gを使始めたきかっけは、海外移住を目指してWebライターを始めたことにあります。
立ち上げの段階では実家に通ってネット環境を使用する毎日でしたが、仕事量が増えるにつれて限界を感じ、自宅にネット環境を引くことを検討し始めました。
自ら在宅ワークを始めただけでなく、妻もWebデザイナーとしてフリーランスで働き始めたので、いよいよネット環境が不可欠になりました。

最初はauの光回線やADSLのネット回線を検討していましたが、あまり気乗りしませんでした。WiMAXも考えましたが、評判があまりよくなく決定には至りませんでした。

その時期にプレゼントしていただいたのがWi-Fi STATION L-01Gです。
大容量のバッテリーに加え、高スペックのルーターを使わない手はありませんでした。連続で長時間使用できるので、外出時に使用するのにも申し分のない高機能に有り難さを覚えました。

またSIMロック解除ができる機種でもあるので、海外でのネット環境確保にも役立つアイテムだと思いました。
SIMフリーにすれば、海外のSIMも使用できるのではないかと考えてモバイルルーターを活用することに決めました。

我が家でWi-Fiに繋げて使用しているモバイル機器

今現在我が家ではPC2台、タブレット3台、スマートフォン1台のモバイル機器があります。
実際にWi-Fi STATION L-01Gに繋げて使用しているのは、それぞれが仕事で使用しているVAIOとMacのPC2台、タブレット3台です。
使う頻度の多い私のVAIOは、スマートフォンでテザリングして使用することで通信制限を乗り越えています。

さらに我が家のプリンターはWi-Fi対応なので、タブレットやスマートフォンから印刷する場合は非常に重宝しています。Wi-Fiに繋げる予定のモバイル機器が多数あることと、毎日の使用頻度があることをふまえてモバイルルーターの使用を検討し始めました。

比較した格安SIMはU-mobileとUQmobile

一番悩んだのは、やはり通信キャリアをどの会社にするかということでした。大手キャリアは安定性がありますが割高だし、かといって格安SIMは通信速度に不安があるし…。ネットで調査する日々が続きました。

我が家では仕事で使用するPCとタブレットを3台繋げる予定でしたので、大容量の通信容量がある格安SIMを当たってみました。注目したのは無制限プランがあるU-mobileUQmobile、大容量プランがあるFREETEL、通信速度に評判のあるmineoです。

参考:http://mineo.jp/

mineoは通信速度については良いのですが少し通信容量に不安が残りましたし、FREETELは魅力的な大容量プランでしたが割高ということもあり、選択肢から外しました。
残るは、無制限プランで並ぶU-mobileかUQmobile。
UQmobileは無制限プランが1980円と格安だが、500kbpsと通信速度が物足りなく感じ二の足を踏みました。
一方、U-mobileは2480円だが225Mbpsという通信速度の速さに魅了され、最終的にU-mobileを使用することに心を決めました。

活用している格安SIMはU-mobile無制限プラン

そんなこんなでネットでU-mobileと契約締結。数日後には無制限プランのSIMカードが届きました。
Wi-Fi STATION L-01GのSIMサイズに合わせて、microSIMを購入しました。一度だけ事務手数料とSIM発行手数料を支払いますが、後は月々2480円で収まります。

裏面のカバーを外し、早速SIMを挿入。起動した後はタッチパネルで手軽にAPN設定ができます。
プロファイル名、接続先、ユーザー名、パスワードなどをサクサク入力してAPN設定は完了です。
動作確認は難なくOK。タブレットとPCの繋がりも悪くなく、問題なく使用開始できました。

でも、注意点が一つあります。
全体的には無制限ですが、3日で2GBの縛りがあることは後になって知りました。
現在は2GBを気にしつつ、スマートフォンのテザリングで調整して使用しています。毎日大容量使いたい方には不向きなプランかと思われます。

沖縄での実際の通信速度

沖縄在住なので日本の南国の島における実際の通信速度をリポートします。
わたしは今現在、沖縄県中頭郡中城村という都市でもない田舎とも言い切れない場所で在宅ワークをしています。
目の前にサトウキビ畑が広がる自宅で、主に使用しているSonyのVAIOで測定したところ以下の結果になりました。

朝8時ごろ11Mbps

参考:https://fast.com/ja/

夜8時ごろ3.6Mbps

もう5年ほど使用しているパソコンのせいか、朝も夜もまずまずの測定値でした。
しかし朝の使用感は遅いと感じることはなく、サイト閲覧程度なら安定してスムーズに楽しむことができます。

測定値にも表れている通り、全体的に使用する人が少ないのか朝の方が通信速度は良い結果が出ています。夜の使用感は朝に比べて通信速度がガクッと下がるので、焦っているときはサイト閲覧に少しイラっとさせられてしまいます。

同じ朝の時間帯で使用しているタブレット(iPad air)でも測定したところ、以下の通りになりました。

一回目20Mbps

二回目18Mbps

三回目20Mbps

四回目22Mbps

五回目24Mbps

平均速度=20.8Mbps

まだ3年使用のモバイル機器で測定したせいなのか、アップル社の機器がいいのか、同じネット回線なのに平均20.8Mbpsという良い結果が出ました。
iPadでの回線の使用感は、サイト閲覧は問題なく快適に楽しむことができます。でも、大きめの動画などをダウンロードするとなると少し時間がかかり、やはり有線のネット環境ほど快適ではありません。

仕事で使用してのメリット

ネット環境を多用する仕事で、一年ほどモバイルルーターを使用しての感想ですが、外出先での仕事にネット環境を持ち運べるのは非常に大きなメリットです。
作業する中でずっと同じ環境だと息苦しくなるので、ちょっと息抜きに気分転換したい場合などは重宝しています。FREE Wi-Fiがない場所などでもネット環境が整いますし、海を眺める公園などでも仕事をすることができます。

自宅で使用する場合も、ネットでの調査やちょっとした画像をダウンロードする程度なら不便を感じることなく使うことができています。それで月々2480円なら申し分ないという感じです。

仕事で使用してのデメリット

ネットでの仕事をする上で不便だなと感じることもあります。やはり頻繁に画像をダウンロードしなければならない場合は、三日で2GBの容量を超えて不便を感じます。
多くの通信容量を使いそうなときは、あらかじめスマートフォンでテザリングして対策をしていますが、忙しいときに容量を気にしなければならないことを面倒に感じるのも現実です。

同じく在宅でデザイナーとして働いている妻も不便を感じているようです。
特に妻の場合は、illustratorのデータなどを扱うのでどうしても容量を超えてしまいます。モバイルルーターとしての性能はいいのですが、現在のU-mobileのプランでは間に合わず、大容量のデータを送受信するときだけは外部のネット環境に頼っているのが現状です。

少しばかり副業的に仕事をする分には申し分ありませんが、やはり本業にしていく上でモバイルルーターでのネット環境に限界を感じることもあります。

今注目を集める新格安SIMプラン

上記に挙げたデメリットもあり、今改めてネット環境を模索しています。でもやはり高価なモバイルルーターは捨てがたいので、新たに出たU-mobileのプランに注目しています。

今我が家が大きな期待を寄せているのは、2016年10月から新たに出た新プラン「U-mobile Max 25GB」です。

参考:http://umobile.jp/max/

高速通信の容量が25GBという大容量ながら、月額2380円(税別)なのは非常に興味をそそられます。今我が家で使用しているひと月の通信容量を調べてみると20GBにも達しないので、ほぼ同じ値段で大容量使用できるのは魅力的です。

そして現行のプランでネックになっていた三日で2GBの制限が、Max25GBの新プランでは今のところ見当たらないので、我が家のネット環境の解決策になるのではと真剣に検討しています。
でも走り出しの新プランは不安も伴い、実際にどれだけの通信速度が維持されるのか不透明な部分もあるので、使用したユーザーの意見を待ちつつ慎重に模索している段階です。

今後のもくろみ!

上記に挙げた新プランへのもくろみに加え、モバイルルーターを活用しての新たなもくろみも考えています。それは、モバイルルーターをSIMロック解除して海外で使用することです!

もとはと言えば、海外移住を目指して始めたWebライターの仕事でしたので、モバイルルーターを活用することで海外でも仕事がしやすいのではないかと思います。
都合のいいことに現在使用しているWi-Fi STATION L-01Gは、SIMロック解除ができるモデルになっているので、ぜひ活用したいと思っています。

SIMフリーのルーターがあれば、現地のSIMを入れてネット環境を整えることができる可能性があります。
ネット環境さえあればどこでも仕事ができるというのが現在の仕事の利点なので、活かさない手はありません。うまくいけば帰国しなくても長期滞在できる道が開けないかともくろんでいます。

SIMロック解除を行なうのに3000円(税別)ほどかかり、手続きやロック解除に一週間ほど時間がかかるとはいえ、やる価値はあると言えます。

まとめ

通信料金を抑えたい方、格安SIM運営を考えている方、複数のモバイル機器をWi-Fiで繋げて使用したい方、海外での使用を目指している方、そんな方々にWi-Fi STATION L-01Gモバイルルーターはおすすめです!

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ