Pocket WiFi 501HW(ソフトバンク)を実際に使ってみた体験談

使用しているモバイルルーターの基本情報

現在、ソフトバンクのモバイルルーター「Pocket WiFi 501HW」を使用しています。
契約プランは「4G/LTEデータし放題フラット」で、専用2年契約です。
基本料金内で使用可能なパケット量は、7GBです。
月々の基本料金は5,196円ですが、2年契約によって1,000円、Pocket WiFi特別キャンペーンによって500円割引され、3,696円となっています。
オプションは、落下などによる破損や故障の際の修理に備え、月々500円の「あんしん保証パック」に加入しています。
ソフトバンクWi-Fiスポットの使用料は、特典により無料。
機種代金は毎月1,750円ですが、「月月割」というサービスにより実質無料です。
これにユニバーサルサービス料などを合計すると、1ヶ月の使用料は4,328円です。

現在とこれまでのモバイル使用状況

現在のモバイル機器の使用状況は、iPhone5sを日常のデジタル通信用に、ソフトバンクのガラパゴス携帯を通話用に使用しています。
自宅では地元の通信会社であるメガエッグと光回線を契約し、Wi-Fiが利用できる環境です。

外出時は通話用にガラパゴス携帯、モバイルルーター、iPhoneを使用しており、Wi-Fi接続のみのタブレットを携帯する場合もあります。

現在の環境で通信機器を使用する前は、iPhone5sを通話・通信用に使用し、外出先でタブレットを接続する場合は、iPhoneのテザリング機能(500円/月)を利用していました。

モバイルルーターを利用し始めた理由

子育てが少し落ち着き、約2年前から在宅で仕事を始めました。その中で、WordやExcelファイルのやりとりをすることが増え、外出先での時間を有効に使うため、タブレットを使用するようになりました。

タブレットを利用し始めた当初のデジタル環境は、自宅でのWi-Fi接続、外出先で仕事に利用する際はソフトバンクと契約したiPhoneとテザリング接続し、通信を確保していました。
iPhoneのパケット量は毎月7GBあり、テキストとちょっとした画像の検索や添付程度であれば、通信量が毎月の制限にかかることはありませんでした。

問題だったのは、iPhoneとのテザリング接続では、通信を確実に確保できなかったことです。
日常生活における行動範囲は岡山県の郊外周辺で、LTEのカバーエリアではあったのですが、建物との位置関係によっては、iPhoneそのものの通信状態や、タブレットとの接続に不安定さを感じることが度々ありました。

所有していたiPhone個体の特徴として、テザリング機能が弱いなどの性質を持っていた可能性もあります。

また、iPhoneの通話料金が高いことにも、かなり不便さを感じていました。
そこで専用契約である2年が完了するタイミングで、通信機器の見直しをしました。

比較検討したのは、Yモバイルとau

参考:http://www.ymobile.jp/

モバイルルーターの新規購入にあたっては、それまでiPhoneを利用していたソフトバンクと、料金の安さが魅力のYモバイル、自宅で利用している電話会社との提携があり、新規であれば割引が期待できるauが候補になりました。

WiMAXも考えたのですが、ちょうどモバイルルーターの購入を検討していた頃に誇大広告の問題があり、誠実でない印象があったため、候補から外しました。

ソフトバンクに決めたのは、カバーしている通信エリアが広かったのが理由です。
料金ではYモバイル、割引の大きさではauに乗り換えたい気持ちが大きかったのですが、趣味のキャンプで宿泊するエリアを確実にカバーしていたのはソフトバンクだけでした。

結局、具体的な料金や機能を比較するまでもなく、通信エリアの規制があったので、引き続きソフトバンクで、それまで利用していたiPhoneの契約を解除し、モバイルルーターとガラパゴス携帯を新たに購入・契約することにしました。

購入してすぐの感想

それまで、タブレットとの接続がなければiPhoneひとつで完了していた通話や通信ができなくなり、ガラパゴス携帯・モバイルルーター・iPhoneを持ち歩かなければならなくなったことが、1番大きな変化でした。

通信費を抑えるため、ガラパゴス携帯にはメール機能をつけていないので、外出先でメールやLINEでのやりとりが必要となる場合は、必ず3台持つ必要があります。

ガラパゴス携帯は付属品込みで122g、モバイルルーターは149.5g、iPhoneは128g(いずれも所有品実測)の重さがあります。
これらを82gのクッション素材のケースに入れると重さは合計で481.5gとなり、それなりの厚みもあるため、ちょっとした買い物でも比較的大きなバッグが必要になります。
それまで「財布とケータイ」だけだった荷物が、一気に重たく、大きくなったように感じました。

必要だった機能を外出先でフル稼働させた感想

様々な通信機器とモバイルルーターを接続するためには、iPhoneやタブレットにルーターを認識させる必要があるのですが、認識させてからしばらくは、すぐに同期できない時期がありました。

これも個体差があるものだと思いますが、何度もくり返しているうちにスムーズに接続できるようになりました。

一旦接続が確立されれば、iPhoneとテザリング接続していた時のようにスタンバイ機能が働き、自動で接続を切断してしまうということはありません。

また、iPhoneは夏場や室温の高くなった車の中での使用に弱く、端末が熱くなると自動でシャットダウンしてしまい、冷えるまで起動できないことが度々ありました。
特にタブレットと接続し、インターネットを多用すると高温になりやすく、再起動すまで通信できないこともよくありました。

モバイルルーターは端末が熱くなることはあるものの、同じ環境で使用していても通信ができなくなったり、電源が落ちるということはありません。

また、建物の影や、通信状況の弱い場所で使用しても、以前のようにウェブ閲覧ができなくなったり、データを送信中に通信が途切れ、未送信になってしまうということもなくなりました。

帰省やレジャーで高速道路を利用することも多いのですが、以前であれば山間部やトンネルの多い場所だと途切れていた通信も、モバイルルーターにしてからは途切れることはありません。

通信量は7GBなので、動画の視聴やゲームに使用するとさすがに「あっという間」な感じがしますが、仕事用と決めてあり、車内ではスタンバイ状態で音楽を聴く程度なので、制限がかかったことはありません。

自宅Wi-Fiとモバイルルーターの通信速度比較

現在、岡山県の郊外にある自宅で、通信会社(Mega egg)の光回線にWi-Fi接続したパソコンの通信速度は、平日の昼間で
1回目:6.4 mbps
2回目:4.1 mbps
3回目:5.6 mbps
4回目:4.1 mbps
5回目:6.0 mbps
平均:5.24 mbps
でした。

これに対し、モバイルルーターの通信速度は、
1回目:29 mbps
2回目:14 mbps
3回目:18 mbps
4回目:31 mbps
5回目:19 mbps
平均:22.2 mbps
となりました。

正確に速度を計測したのは初めてですが、自宅Wi-Fiの方が早いという思い込みがあったので、思いがけない結果に驚いています。

これまで、自宅でモバイルルーターに接続するのは停電や光回線に接続したルーターが不具合を起こした場合のみだったので、同じ環境で速さの違いを比較したことはほとんどありません。

1年使用して感じているメリット

もともとモバイルルーターは外出先での通信状況改善のために購入したので、安定した通信状態にはとても満足しています。

イメージ

容量の大きなデータを送信する際も、送信できていなかったということは1度もありません。

自宅にWi-Fi環境がなく、速度制限がかかった友人のスマートフォンも接続し、データを分けてあげることもありますが、通信量が不足したこともなく、複数の端末と接続して速度が落ちることもありません。
動画を視聴しても停止するようなこともなく、不快に感じたことはありません。

また、先ほど記述した通り、停電や自宅のWi-Fiルーターの不具合など、緊急時にもモバイルルーターでデジタル回線が確保できていることは、インターネットを使用して仕事をする上で大きな安心感となっています。

iPhoneと比べると充電までの時間も長く、朝から晩まで外出していても電力量が残量不足になることはありません。
「利用環境においてタフである」点には満足しています。

1年使用して感じているデメリット

第一印象から変わることなく、「重い・かさばる」という点にはいまだ慣れずにいます。
普段は車での移動が多く、荷物が増えても負担になることは少ないのですが、電車や飛行機を利用して旅行する時などは、モバイルルーターと、それぞれの端末がわずらわしいと感じています。

近所の買い物程度であれば、携帯電話さえあればいいと思えるようになりましたが、夏に子供の荷物なども持って1日中テーマパークで遊んだ時は、さすがにスマートフォンに変えた方がいいのではないかと思いました。

また、防水ではないので、レジャーで海やプール、水濡れのあるテーマパークで使用する時は、防水対策にも気を遣いました。

モバイルルーターの電源を入れ忘れて家を出ると、通信しようと思った時に接続しておらず、起動するのに時間がかかったり、接続していなかった時間帯に受信できていないメールやLINEのメッセージを後から受信し、慌てることもあります。

iPhoneとガラパゴス携帯、モバイルルーターに時にはタブレットも、別々に充電が必要なので、スケジュールや外出時間に合わせて準備をしておくことにも、以前よりは気を遣っています。
特にモバイルルーターは急速充電できないので、他の端末に比べて充電に時間がかかるように感じます。

今後の希望

通信環境には満足しているので、モバイルルーターは今後も使い続けようと思っています。
他の通信会社のカバーエリアが広がらない限り、ソフトバンクから変更することもありません。

DoCoMoのモバイルルーターも必要なエリアをカバーしているのですが、手続きや修理などの際、ショップでの待ち時間が長いことが不満なので、利用料金と待ち時間が改善されない限り、DoCoMoのモバイルルーターを検討する予定はありません。

ただ、カバーエリアが広く、料金が安いサービスが出た場合は、他の通信会社に変更してもいいなと思っています。

現在は、どの会社のモバイルルーターも重さや大きさがほとんど変わらない印象があるのですが、今後薄型や軽量のモデルが手ごろな値段で発売されるのであれば、契約終了のタイミングで変更できるのが希望です。

2年契約なので後1年は変更できませんが、現在の状況で他の会社や機種と比較しても、変更したいとは思っていません。

※個人の感想です。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ