ポケットWi-Fiとモバイルルーター、何が違う?

imasia_17275415_S

ポケットWi-fiとモバイルルーターの違いは?

モバイルルーターは無線LAN機能が搭載されている持ち運び可能なルーターです。
モバイルルーターのほとんどはWi-fi機能も搭載されているので、外出先でも無線回線やWi-fi回線に繋げることが出来るのでとても便利な機器です。

一方、ポケットWi-fiというのは、イーモバイルが提供している接続サービスの名前で、ワイモバイルの登録商標となっています。
ポケットWi-fiはスマートフォンなどの携帯電話回線を利用し、どんな場所からもネットに繋げられるサービスのことをいいます。
モバイルルーターは総称の名前なので、そういった違いがあるのです。

ポケットWi-fiの特徴

スマートフォンやノートパソコンなど、複数情報機器を持ち運んでいる人は通信回線が機器ごとに異なるのでコストが高くなってしまいがちですが、ポケットWi-Fiを利用することで通信回線が1つだけにまとめることができるため、低コストに抑えることができます。

プロバイダによってはお得なキャンペーンなどが行われている場合があるので、そういったことも利用するとさらに安く抑えることができるでしょう。

しかし、コストを抑えられる一方で、通信時間が限定されてしまうという問題もあります。

端末は外出先でも利用できるよう、モバイルルーターのように手のひらサイズで持ち運びも楽なのですが、その分容量も限られてしまうのでインターネットの固定回線のようにいつもインターネットに接続されているといった状態にすることはできません。

また、通信エリアにおいては、通信会社がデータ通信サービスをしていないところだとインターネットをすることができなくなってしまいます。
他にも固定回線と比べると、通信速度が遅く、安定しづらいというデメリットもあります。

低コストで利用できるという大きなメリットの反面、そういったデメリットの部分もあるので、自分が使うことをきちんと考えながら利用するかどうかを決めると良いでしょう。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ