SIMカードって何。徹底解説

imasia_9038867_S

SIMカードとは?

SIMカードは携帯電話などに挿入されているICカードのことで、回線を契約した時に判別するために必要となるカードです。

見た目はとても小さく、爪ほどの大きさしかありませんが、このカードには電話番号などの情報が入っているので、SIMカードが無いと携帯電話として通信することができなくなってしまいます。

SIMカードはETCカードのように、自分の端末以外の他の端末に挿すことで自分の端末と同じ回線契約で使用することができます。
しかし、現在ソフトバンクやKDDI、ドコモといった大手企業では、他社のSIMカードを自社の端末で使用できないように設定されています。
これをSIMロックといい、ドコモやソフトバンクの一部機種はSIMロックがかかっていないSIMフリーの機種を販売しています。

話題の格安SIMカードとは?

今話題の格安SIMカードは、仮想移動体通信事業者のMVNOという事業者が安く販売しているSIMカードのことをいいます。

最近では家電量販店などにSIMカードがズラっと並んでいる姿を良く目にすることができます。
この格安SIMカードは条件に合ったスマホやタブレットに設定すればドコモやKDDIの回線でも通信することができるので話題となっているのです。

格安SIMカードを使うメリットとデメリット

格安SIMカードを使う上で1番のメリットと言えるのは、やはり通信回線の月額料金を安く抑えることができる面です。
格安SIMカードを使えば月額料金が安くなるだけではなく、料金プランを自分の好きなように選択し、設定できることができます。

今まではかけ放題やパケ放題などの料金プランの中から選び、その中でしか利用することができませんでしたが、格安SIMカードを使うことで自分の好きなサービスを利用することができるのです。

しかしデメリットもあり、通話に対応していない場合が多かったりキャリアメールや決済、年齢認証などのキャリアサービスが利用できないことが多いこと、クレジットカードが必要になってしまう場合が多いこと、通信制限が厳しいこと、テザリングを利用できない場合があることなどが考えられます。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ