複数接続は可能なのか

モバイルルーターの複数台接続とは

モバイルルーターは通常の据え置き型無線LAN機と同じく、複数の端末を接続する事が可能です。
そのため、一人でスマートフォンとパソコンを接続したり、家族でパソコン2台を接続するなど、複数の端末を接続する事ができます。

この複数台接続する場合、通常のモバイルルーターであれば最大10台ほど接続できると言われており、多く端末で利用する事ができます。
また、複数接続に対応した料金プランを設定しているキャリアもあるため、複数接続を考えている方はそちらを参考にしても良いかもしれません。
しかし、機種によって接続できる数が異なるため、多くの端末を接続したい場合は注意が必要です。

モバイルルーターで複数台接続をする時のポイント

モバイルルーターで複数台接続する場合はいくつか注意する事があります。
複数台の端末を接続した場合、端末一つを接続したときと比較して、通信速度が遅くなってしまいます。
これは一台であれば占有できたスペースを分割して使っているためで、二台であれば半分、四台であれば四分の一と、これほど単純ではありませんが、遅くなってしまいます。

しかし、最近は複数台の端末を接続しても回線速度が落ちにくいというモバイルルーターも販売されており、速度が気になる方はこちらを利用しても良いかもしれません。
また、他にも複数台の端末を接続することで、通信量が増加し、通信制限に引っ掛かりやすくなるということもあります。
複数台接続しているため、常に通信を行うような状態となってしまい、たった数日で通信制限まで到達してしまったというケースもあるようです。
そのため、あまりに通信量が多い場合は、契約プランの見直しなども考える必要があるでしょう。

モバイルルーターに複数台接続を行うメリット

通信量が増えたり、回線速度が下がったりしてしまう複数台接続ですが、メリットも多くあります。
モバイルルーターは無線LANルーターとしても利用できる機種があるため、それを利用している場合は、パソコンやスマートフォンだけではなく、プリンターなども接続でき、簡単に印刷などをすることができます。
また、複数台を無線で接続すると、ケーブルなどの配線がごちゃごちゃになることなく、スッキリとした室内にできます。
また、外出先で複数人でインターネットに接続しなければならないときに、簡単に利用する事ができるため、出張や営業などをする方にとっては大変便利なのではないでしょうか。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ