L-03Eの特色

Xi対応でバッテリー持ちの良いルーター、L-03E

LGエレクトロニクスから2013年1月より販売されているL-03Eは、NTTドコモのLTE通信サービス・Xiにも対応しているモバイルルーターで、Xiでは下り最大100Mbpsと高速データ通信を可能としています。
利用している際に重要になってくるのは、通信速度もそうですがそのバッテリーの容量もあります。

スマートタイプのモバイルルーターもありますが、そのようなルーターだと大きいバッテリーを組み込むことが出来ず、例え高速通信を可能としているからと言ってもすぐに充電がなくなってしまっては使い勝手も悪くなってしまいます。
ですが、L-03Eは大容量バッテリーのため、連続通信時間はXiでおよそ12時間程度と、外出している際に充電がなくなってしまうというリスクを低くしてくれるモバイルルーターです。

LG初搭載のジョグキーでさらに便利に

一般的にタッチパネル形式の多いモバイルルーターですが、このL-03Eはジョグキー形式で操作することが出来ます。
ジョグキー操作によってキーロックの設定と解除、公衆無線LANのセキュリティーキー入力などが行いやすくなりました。
特にSSIDやキーの表示は、今までは使用する端末からルーターにアクセスして確認したり、ルーターのバッテリーを抜いて確認することが主だったのですが、そのようなことをしなくてもルーターの電源を入れた状態で確認することが出来ます。

便利な機能も目白押し!

バッテリーが大容量ということもあって、スマホやタブレットなどへの給電機能も備わっています。
今まではモバイルバッテリーを要する機会も多かったのですが、モバイルルーターから給電することが出来るということで、持ち物が一つ減ることになります。
他にもモバイルルーターから給電することが出来るタイプのモバイルルーターもありますが、その他のものとは違って通信を行いながら給電することが出来るので、給電している間は使用することが出来ないという事態を回避しています。

また、他にもUSB接続が可能であること、公衆無線LANに対応していることなど、様々な便利機能が充実しているため、使いやすいモバイルルーターと言えるでしょう。

>>NTT DoCoMoの端末の口コミ一覧をチェック

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ