Speed Wi-Fi NEXT WX01の特色

ts

最速クラスを実現

Speed Wi-Fi NEXT WX01は、世界初の画期的な技術である4×4MIMOで下り速度最大220Mbpsを可能としました。
この4×4MIMOとは、データの基地局アンテナと端末側のアンテナをそれぞれ4本取り付け、Wimax2+エリア内で通信をする時に4本のアンテナから複数のデータを一気に送受信します。
そのため容量の多いデータでも高速通信が可能となったのです。
さらにWimaxエリアでは下り速度最大13.3Mbpsで通信することができ、Wi-fiも最新規格であるIEEE802.11ac(5GHz)に対応しています。
業界内でも最速級の通信速度を誇っています。

Bluetoothテザリングで省電力通信

Bluetoothテザリングに対応しているため、Wi-Fiで接続するよりも電力を抑えることができます。
そもそもテザリングというのは、スマホやモバイルルーターを経由することで他のおゲーム機器やノートパソコンなどでもインターネットを使うことが出来る機能をいいます。
Bluetoothは無線マウスや無線キーボードで使われている無線規格で、Wi-Fiと似ています。
しかし、Wi-Fiよりもバッテリーの持ちが良くWi-Fiよりも使われていないことが多いため、セキュリティ的にもWi-Fiよりは安心といえます。
その代わり通信速度はWi-Fiの方が速いです。
実際の連続通信時間を比較してみると、Wi-FiはWiMAX2+(220M)を利用すると約6.5時間ですが、Bluetoothの場合約8時間と1.5時間以上多く連続通信することができます。

スマホから遠隔操作も可能

Speed Wi-Fi NEXT WX01を休止状態にして、使いたいと思った時、いちいちバッグの中から取り出して電源を入れなくてもスマホに専用アプリを入れておけばわざわざルーターを取り出さなくても電源をいれることができます。
しかも約5秒とすぐに起動できるので、すぐ使いたいという時にも便利です。

ちなみに専用アプリではルーターのバッテリー残量や電波状況などを確認することができるので、ぜひ利用しましょう。
さらに自宅で使う時はクレードルにセットすることで、充電しつつ自宅用のルーターとしても使用することができます。

>>Speed Wi-Fi NEXT WX01の口コミ一覧をチェック

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ