モバイルルーターにはバッテリーが交換できないものもあるので注意

pixta_19550175_S

モバイルルーターのバッテリー

モバイルルーターは以前、外出先では長時間使用できず、あまり利用されることはありませんでした。
しかし、今ではバッテリーなどの技術が発展し、長時間の利用も可能となり、いつでも安定した無線に接続できるようになったため、利用者が増加しています。
そんなモバイルルーターのバッテリーですが、充電を忘れてしまった場合どうしたらよいのでしょうか。
通常であればクレードルに設置することで充電できるのですが、クレードルもない場合は最終手段を使用する必要がります。
それは電池自体を入れ替えてしまうことです。

すでに充電済みの電池を入れ替えることでまた問題なく利用することができるでしょう。
そのため、万が一に備えて、予備の充電電池を持ち歩く方もいるようです。

モバイルルーターのバッテリーの注意点

モバイルルーターを長時間利用したい場合は、充電電池の容量が多いものを選ぶ必要があります。
スマートフォンでも同じですが、電池の容量が多いものほど電池が長持ちするため、多いにこしたことはないのですが、ここで一つの問題が出てきます。
それは充電容量が増えることで、電池が大きくなるということです。

多くの電気を蓄えるためには大きな電池が必要となり、それに伴ってモバイルルーター自体の大きさも大きく、重くなってしまうため、女性の場合は大変かもしれません。
そのため、外出先で使用することが多い方でも、外出する時間を良く考えた上で、機種を選ぶと良いでしょう。
また、他にも注意するべき点があります。
電池が切れた場合は電池を交換すれば良いと述べたのですが、モバイルルーターの中には電池を交換することのできないタイプもあります。
そのため、もしヘビーに使ってしまって電池が持たないという方は電池の交換が可能な機種を選んだり、充電に必要なクレードルなどを常に持ち歩く必要があるでしょう。

モバイルルーターのバッテリーを節約するには

常に通信をして、バッテリーの消費が多い場合、なんとかしてバッテリーを節約しなければなりません。
そんな時はスマホやパソコンといった端末の無線機能を使用するとき以外はOFFにするという方法があります。
スマホやパソコンの電源が入っている場合、常に無線や回線に接続している状態となるため、モバイルルーターの通信回線を使用し続けてしまい、バッテリーを消費してしまいます。
バッテリーの消費が気になる方は、このように端末の使用法を見直してみても良いかもしれません。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ