7ギガのデータ制限。何をどれくらい使えば制限されるのか

7ギガバイト(GB)の目安

7ギガバイトと言うのは、結構大きなデータ量です。
一般的な12cmのサイズのDVDで4.7Gとなっているので、その約1.5枚分という訳です。データの容量としたらかなり大きいと思います。
DVDのビデオは約2時間ですが、現在のYouTubeに代表される動画サイトの動画はもっと圧縮されているので、2時間の動画で4.7G使う事はありません。動画圧縮技術はDVDの頃よりかなり発展しています。
動画サイトで主に使われているフォーマットはMPEG4ですが、画面サイズによりますが大体1分間2MB程度です。
HD画質になるともっとサイズは増えますが、増え方は倍になっていきますので注意が必要です。
YouTubeで1080pの画質にすると、320pよりも約8倍の画素数になりますので、必然的にデータ量も多くなってきています。

1日に直すと225MB・動画や音楽データ、通話アプリなどに置き換えると?

7GBを31日で割った数は225MBになります。
これを1分間2MBの動画に換算すると、112分になります。
ざっと考えて映画1本分位でしょうか。
なお、データ量は圧縮技術で可変なので、1分間が必ず2MBではなく、多かったり少なかったりします。
なので、映画1本分と考えて間違いないでしょう。映画なら1日に1本が1つの目安です。
YouTubeの場合、絵が止まっていて音楽のみの動画がありますが、あの場合は絵の部分はほとんどデータがありません。実質音楽ファイルと同様のサイズであると考えていいでしょう。
音楽ファイルは大体4MB程度ですから、もし1日に動画サイトで音楽を聴いていたら、56曲聞ける事になります。
アルバムに直せば4、5枚でしょうか。なお、同じ音楽を聞いてもデータはダウンロードされますので、お気に入りの音楽はファイルにしてプレイヤーで聞く事をオススメします。
通話アプリの場合、1分で1MB位になるようです。SNSのアプリ機能で通話を使う場合がありますが、1日に直せば225分です。
3.5時間ですが、よほどだらだらと長電話しなければ使い切れる時間ではありません。

画像やその他文字はどうか

ホームページはSNSは、テキストベースに画像が表示されます。
かなり多量の画像が表示されるホームページもありますが、そういうのはオンラインで雑誌や漫画を読む場合になります。
普通の画質の大きめの画像ファイルは1枚0.1MBとして、雑誌であれば450ページ分見る事ができます。
普通のサムネイル等は1枚0.02MBとかになりますので、LINEスタンプに換算したら、1800枚になります。
とても1日で使い切れる量ではありませんね。
その他テキストは1文字0.000002バイトなので、何文字という範囲ではとても測れません。
結果的に動画や音声が一番データを使います
一つの目安として、動画や音楽、通話をやり過ぎないようにして7GBの範囲にまとめましょう。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ