入院中の退屈しのぎに。病院でもモバイルルーターは使える

病院で入院をした時、暇つぶしにインターネットをしたい・・・しかし、病院内は医療機器への影響があるので禁止となっています。
実は、モバイルルーターであれば特に問題なく利用することができます。
その理由や病院内で利用できるかどうかについて紹介していきます。

病院内でモバイルルーターの利用はできる?

モバイルルーターを病院内で利用する際には、エリアの中であれば問題ありません。
基本的に電波のないところでは、利用することができないので、病院内で電波のいい場所を探す必要があります。
モバイルルーターから出る電磁波は非常に小さいですので、医療機器やペースメーカーをしている人へ何等か悪影響がでるということは一切ありません
もし、入院中動くことができずに電波探しができないという場合には、窓際に置いてみましょう。
これだけでも、全然電波の入り方が違ってきます。

病院によって無線LANがあるところもある

これは全ての病院ではありませんが、無線LANが設置されているところもあります。
無線LANの場合、パスワードやIDを入力するだけで、インターネットに接続する音ができます。
ただ、この場合利用範囲がロビーのみなどと制限されてしまうことが多いですので、部屋で利用できません。
無線LAN対応と書かれていても、あまり期待せずモバイルルーターを持って行った方がいいでしょう。

事前に確認をしておく必要がある

入院中暇だからと言って、勝手にパソコンを開いてインターネットを利用する・・・というのは、やめた方がいいでしょう。
まず、事前に病院側に確認をしておきましょう。
病院によっては、個室であれば対応可能という場合があります。
大部屋の場合、他に入院をしている方もいますので必ず病院側に確認をしてからパソコンの利用をおすすめします。

入院期間が短い場合は・・・・

普段の生活で利用していないけど、入院をすることになったのでモバイルルーターが欲しいという場合には、短期でのレンタルサービスを行っているところもあるので、利用してみましょう。
特に、入院期間が短い場合契約をしてすぐに解約・・・などと言ったことになると、手続きの手間や時間がかかってしまうので、逆に面倒になります。
数週間のみ契約できるところがあるので、そちらを活用してみることをおすすめします。
短期間の場合は、クレジットカードでの支払いが基本となりますので、事前に準備をしておくとスムーズにレンタルすることができます。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ