モバイルルーターとスマホの2台持ちのメリット、デメリット

多く使うなら料金面でお得になる

スマホのデータ通信は上限が設定されていて、その上限を超えるとかなり低速での接続になってしまいます。

動画サイトの閲覧はカクカクしてしまい、とても見れる状態ではありません。例えばデータプランの上限が2GBとしてそれ以上使うのであれば、モバイルルーターとスマホの2台持ちに料金面でメリットが生まれます。
モバイルルーターとスマホの2台持ちで、データ通信を全てWi-Fi接続によるモバイルルーターに限定すると、料金的にはスマホの安いタイプのデータ通信プランと変わりありません。

ですが、最近のモバイルルーターは月間のデータ利用料に上限がありません。ですので、高いデータプランに契約する位なら、こちらが料金的な面でお得になります。
ただし、モバイルルーターを新規購入しなければならない場合、初期費用として高額な値段が付いてしまうので注意が必要です。

バッテリーが別々だから

スマホでネットをすると、バッテリーの消耗が激しいです。新幹線での移動時に、退屈だからとスマホでネットをしていたら、行きだけで困った量を使ってしまった場合があります。

モバイルルーターなら、ネット環境はモバイルルーターのバッテリーを利用するので、スマホ本体のバッテリーはWi-Fi機能のみに限定されます。その結果、スマホ単体よりもバッテリー消耗量が抑えられます
その代わり、モバイルルーターの充電を忘れていると、ネットができない環境になってしまうので注意が必要です。

モバイルルーター側にスマホのバッテリー充電ができるタイプもあるので、モバイルルーターの充電の方が大事に考える方もいるようです。

モバイルルーターを紛失する事も

モバイルルーターはスマホと違い、特に取りだす必要がありません。電波でスマホと繋がるだけです。外出中は鞄から取り出す必要が無いので、簡単なミスで無くしてしまう事があります。

電波の入りを良くしようと窓側に取り出して置いたまま、鞄に仕舞わずに立ち去ってしまうケースです。こういう事を考えるとデメリットに挙げられますが、割り切って外出先では鞄から出さないと決めるのも1つの解決手段です。

結局の所、目立ったデメリットはありませんでした。

外出先で大量にデータ通信を行うなら、モバイルルーターとスマホの二台持ちの方がよいです。

もし家族旅行が多くて多数のスマホを同時接続したり、パソコンを持っていて使ったりして、モバイルルーターに2台目以降の接続があるなら、さらに利便性はアップします。

一度モバイルルーターを持ち歩く事を考えてみてはいかがでしょうか。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ