セキュリティは大丈夫なのか

pixta_19310908_S

手軽さゆえに注意したいこと

手軽さがあるが、セキュリティは本当に大丈夫なのかと、疑問になってしまいますよね。
そこで気になるのは、Wi-Fi接続中に誰かに盗み見られないかどうかですが、まずWi-Fiの設定では、きちんとセキュリティをかけるようにしましょう。
セキュリティをかけていない状態のものに接続するのは危ないのでやめましょう。
セキュリティがかかってないものには、スマホにオープンや、なしと表示されます。

かけていない状態で、接続するとパスワードなどを入力する必要がなく簡単なのですが、情報を盗まれる可能性が高くなっているので、危険だと言えるでしょう。

個人情報だったり、大切なIDやパスワードが盗まれてしまう場合があります。
なので、セキュリティがかかってないものには接続しないようにしましょう。

今一度、自宅のWi-Fiルーターや、モバイルWi-Fiルーター、スマホのテザリングがどのような設定になっているか確認しましょう。

セキュリティのなし状態でWi-Fiをしている場合、なりすましなどの犯罪に利用されてしまう場合があります。気をつけましょう。
他にも、知らないアクセスポイントには接続しないようにしましょう。
誰が設置したか分からないアクセスポイントを利用することで、ネットワーク上での様々な情報が流れ出てしまう可能性があります。

どのようにしたら防げるの?

セキュリティはかかってないと情報漏洩に繋がり、知らない間に不正アクセスされていたり、個人情報が特定されてしまったりしてしまいます。
セキュリティがかかったところに接続して、自分でも守るようにしましょう。
まず、スマホのテザリング機能を使う時は、端末側からWi-Fiパスワードや、ネットワーク名を自分しか分からないものに変更しておきましょう。
特にWi-Fiパスワードは推測されないように、複雑な物に設定して、ネットワーク名は、端末の名前が入っている場合があるので、わからないものに変えましょう。

他にも、使用していない時は、モバイルルーターの設定をオフにしておいて、接続できないようにしましょう。
モバイルルーターのアクセスポイントを識別する名称を、初期設定から変更しておくとさらにセキュリティが強化されます。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ