WiMAX2+にもある速度制限

WiMAX2+の速度制限はどれくらい?

スマホやタブレットを利用している方で、どうしても気になってしまうのが速度制限かと思います。
速度制限にかかってしまうとネットに接続する回線速度が遅くなってしまうため、待ち時間が長くなりストレスもたまってしまいます。
そんな速度制限ですが、WiMAX2+の速度制限はどれくらいなのでしょうか?

WiMAX2+を利用していて速度制限がかかってしまう場合というのは、

  • 1ヶ月間使用できるデータ容量を超えてしまった時
  • 3日で3GB以上使用した時

の2つとなります。
まず1ヶ月間使用できるデータ容量というのは、データ容量の制限がないプランを選択していない方に起こる速度制限です。
一方、3日間で3GB以上使用した場合は、連続する3日のデータ使用量が3GBを超えてしまった場合、速度制限がかかってしまいます

3GBは具体的にどれくらい使うことができるか?

3GBと言っても、どれくらい使えるのかよく分からない方もいらっしゃると思います。
あくまでも目安となりますが、スマートフォンで3GBを表すと、ホームページのTOPを閲覧するのに約1万回、300文字のテキストメールなら約20万通、ここに写真が1枚つくと約3000通、YouTubeで5分間の動画を標準画質で見た場合約150回、グーグルマップは約1000回となります。

1日中スマートフォンを操作しない限り、これらのものを3日間で全て使い切るのはかなり難しいです。
他にもSNSアプリやオンラインゲームなどを利用していたとしても、3日間で3GBはなかなか到達することはできません。
つまり、速度制限はあるものの制限を気にすることなく安心して使用できるということです。

もしも速度制限が近づいてきたら?

かなり利用したせいで速度制限に引っかかってしまいそうな時もあるかもしれません。
もしも心配であれば、本体設定のデータ使用量を定期的に確認しながら使うことをオススメします。
「今これくらい使っているから、少し抑えめにしなくては…」などと、自ら使うのをセーブすることができるのです。
また、公衆無線LANを提供しているお店などでネット利用をすれば、その分通信量を節約することができます。

WiMAX2+からWiMAX回線へ切り替えができる端末があります。
その端末を使用することで必要な時だけWiMAX2+回線を利用することができます。
このように、もしも速度制限が近づいてきたとしても少し意識するだけで速度制限にかかることはなくなるでしょう

 

WiMAX2+には速度制限もありますが、気にしなくても十分使えるので安心して利用してみてください。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ