モバイルルーターと外付けアンテナの併用

pixta_19714939_S

なぜモバイルルーターに外付けアンテナなのか

モバイルルーターは周辺の電波環境にも左右されやすいため、高速通信が行えないこともあります。
遮蔽物が多かったり、ラジオやモニタなど、電波を発生させる機器が周辺にあると通信が阻害され、速度の低下や回線が切断されることもあるため、注意が必要です。
また、郊外で弱い電波を受信してインターネットに接続している場合は、電波をよりよく捕まえるために外付けアンテナを接続するなど、工夫しても良いかもしれません。

家の中で固定して使用しており、そのモバイルルーターを外付けアンテナで補強してやることで、かなり改善されることもあるようですが、機種による差がかなりあるようです。
そのため、あまりに回線速度の低下が気になる時は、設置場所やアンテナ少し工夫してみると良いでしょう。

モバイルルーターに公式の外付けアンテナはない

モバイルルーターは基本的に外出先などで利用する事をメインとして考えられているため、外付けや据え置き用の外部アンテナはありません。
しかし、中には家での無線LAN親機の代わりに使用している方もいるようで、そういった方には非公式ながら外部アンテナを利用している方もいるようです。

外部アンテナはモバイルルーターを少し分解して、接続などをする必要もあり、電子機器をいじり慣れていない方にとっては少し難しいため、あまりお勧めできません。
そのため、お手軽に電波の強度を強くするには別の方法を試すことが良いでしょう。
また、モバイルルーターの中には、サイズが少し大きくなってしまいますが、最初からアンテナが付属しているものもあるようなので、もし電波の状況が気になる方はそちらを調べてみても良いかもしれません。

少し変わった方法で電波を改善する

中には少し変わった方法で電波の改善をしている方もおり、たとえば料理などで使用する金属製のボウルをパラボラアンテナ代わりにモバイルルータの周辺に設置することで、電波が効率よく集まり、回線速度が向上したという報告もあるようです。
また、屋外に設置するタイプの大きなアンテナとモバイルルーターを有線で接続し、電波を受信しやすくするなどの大がかりな手段を利用している人もおり、実にさまざまな方法が考えられています。

この中でもお手軽であるのは金属のボウルをパラボラアンテナ代わりに利用する事ではないでしょうか。
100円ショップ等で材料を購入することで数百円で設備を準備する事ができます。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ