機種によって通信距離が異なる

Freelancer using notebook, woman working on laptop computer typing the keyboard at home

モバイルルーターの通信距離とは

無線LANを利用するときにあまりに遠く離れたりして、回線速度が極端に遅かったり、接続できなかったりした事はありませんか。

据え置きの無線LANルーターであれば家の外まで届くこともあるでしょうが、モバイルルーターはそうはいきません。
常に電源に接続されている据え置きとは異なり、バッテリーで稼働しているため、強い電波を発生させることができないため、かなり弱くなってしまいます。
しかし、微弱であっても室内なら問題なく届くのではないでしょうか。

一般的なモバイルルーターであれば、10メートルほどの通信距離だと言われていますので、一軒家の一階から二階程度であれば問題なく届きます。
ですが、同じ条件であっても無線LANの電波が届くものと届かないものがあります。
そのため、これには別の問題があるようです。

家の中でも電波の届くものと届かないものがある

同じ家の中でも、異なる機種のモバイルルーターを使用すると電波の届くものと届かないものがあるようです。
これには理由があり、まず一つはモバイルルーター自体の出力があります。
モバイルルーターの機種によって、強い電波を出せるものがありますし、モバイルルーターの種類によっては、クレードルに設置して、電源と接続していることによって強い電波の出力ができることもあります。

また、別の電波が弱まる原因として、遮蔽物が多くあると電波が遮られやすいからです。無線LANのような電波は壁やコンクリートといったものが間に挟まることで、著しく弱くなってしまうため、安定した電波を得るには、できる限り家の中では遮蔽物をなくす必要があります。
もし遮蔽物が取り除けないのであれば、電波を発生させることができる中継器を端末の近くに置くと良いでしょう。

モバイルルーターのキャリアによっても異なる

出力や遮蔽物以外にも通信距離が短くなる原因があります。
それはモバイルルーターが使用している周波数です。
キャリアによって使用している周波数は異なるのですが、低い周波数を使用すると遠くまで届きにくい代わりに、遮蔽物を周り込みやすくなるため、屋内での利用に向いているでしょう。
逆に高い周波数を使用する場合は通信距離が延びる代わりに遮蔽物に反射したりして通信が遮られることがでてきます。
そのため、自分がどういった状況で利用するのか、例えば屋内と屋外どっちで利用する方が多いのかなどを考えた上で、モバイルルーターのキャリアや機種を選ぶと良いでしょう。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ