ウイルス対策の必要性

WI-FIは便利、だがしかし…

現在は、パソコンやタブレット、スマートフォンなどさまざまな機器がWI-FIに対応していますし、飲食店や公共施設、ホテルなどでもWI-FIの利用が可能なところが増えてきています。
WI-FIがONになっているといういことは、電波が常に発信されている状態なので情報が読み取られる可能性があります。
そこで重要なのが、ウイルス対策ソフトの導入です。

パソコンやモバイル機器にウイルス対策を施しておくことで、トラブルを未然に防ぐことができます。

ウイルス対策は必須!

特に気をつけなければならないのが、最初に書いたような、公共の場所で無料で使えるwifiです。
無料だから…と気軽に使っていると、不正アクセスをして情報を盗み取られる可能性もあります。
安全性が不確かな場合は、なるべく利用しない方が良いでしょう。

では、モバイルルーターにウイルスが侵入することはあるのでしょうか。
モバイルルーターの回線を提供している業者それぞれで、強固なウイルス対策を実施していることは容易に想像できます。

しかし、だから100%安心という保証がないのも事実です。
現に今まで、大企業で個人情報の流出がニュースになったことは何度もあります。
このことから、やはりご自身でウイルス対策を施しておくことが何よりも大切だと言えるでしょう。

ウイルス対策ソフトの選び方

ウイルスソフトには非常に多くの種類があります。
無料ソフトから○万円もするソフトまで様々です。どれを選べばいいか、迷ってしまいそうですが、厳重に対策をしたいならやはり無料よりも有料のソフトを選ぶことをお勧めします。
機能が充実しているので、安心感でいえば有料の方が高いことは間違いないでしょう。

また、モバイルルーターを提供している各プロバイダーでもウイルス対策サービスを実施しています。
月々数百円で厳重なウイルス対策ができるのでこちらもお勧めです。
個人的にウイルスソフトを購入するのが面倒だったり、選び方がわからない方は、プロバイダーのウイルス対策サービスを利用するとよいでしょう。

いずれにしろ、ウイルス対策を何もしないというのは非常に危険なことです。
まだウイルス対策をしていない方は、何かあってから後悔する事がないように、早めに実行しておきましょう。
そうすることで、公共のWI-FI電波でも過度な心配をせずに、安心して利用することができます。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ