モバイルルーターのウイルス対策について

ウイルスに感染するのはパソコンだけじゃない

パソコンにはウイルスソフトがあり、どのパソコンも何らかの対策をとっている場合がほとんどになりますが、

モバイルルーターのような直接ウイルスが侵入してくるものでないから大丈夫と思っている方も多いと思います。
ですが、インターネット上には多くのウイルスが存在しているので、いつどこで、どんな形でウイルスが侵入してくるのかわかりません
特にパソコンに送られてくるメールやURLをクリックすることで、予期せぬウイルスが侵入してしまう場合もありますが、直接モバイルルーターに侵入してくることはありません。
そうなってしまうと、個人情報が勝手に抜かれてしまったり、銀行などの暗証番号が相手に知られてしまう場合もあります。
対策はしっかり取る必要があるでしょう

感染するとどうなる?

モバイルルーターは無線LANで情報のやり取りを行っています。
そのため、無線LANでのやりとりはどこでも行われていて、駅や空港、ショッピングモールなどでも利用できるようになっています。
この無線LANが無防備な状態だった場合には、自分の通信機器の中にウイルスが入り込んでしまう可能性があります。
中に入り込んでしまうと、気がつかないうちに誰かにメール内容が知られてしまったり、IDやパスワード、クレジット情報などが知られてしまうこととなってしまうのです。
他にも、同じアクセスポイントを利用する他人が、無線LANを通じて自分の端末に不正アクセスしてしまうと、写真やメール、動画などの情報も盗まれてしまいます。
そして個人のパスワードなどが分かってしまった時に、知らない所で情報が公開されてしまったり、犯罪に巻き込まれる可能性もあります。
適切な管理を行っていないと危険な状態なってしまい、個人情報などが抜き取られてしまうのです

モバイルルーターもセキュリティをしよう

モバイルルーターにもセキュリティソフトがあり、ウイルスのチェックやパスワードの設定をすることで安心して利用することができます
特にパスワードも同じものの使い回しなどはしないで、新たに決めたもので長くアルファベットや数字を細かく混ぜることで知られにくくなっています。
他にも、モバイルルーターが古くなってきた場合には新しいものに変えることでセキュリティが強化される場合もあります。
もしも、ウイルスが侵入してしまった場合には買い替えが必要になりますが、

モバイルルーターに侵入してもパソコン側からしっかりとウイルス対策を取っていれば、パソコン内にウイルスが侵入することがないのでどちらもウイルス対策をしっかりと取るようにしましょう

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ