モバイルルーターを使ったWPS接続

pixta_16704511_S

WPS接続とは

モバイルルーターを使用した事がある方は、WPS接続というものを聞いたことはありませんか。
このWPS接続とはいったいどのようなものなのでしょうか。
WPS接続はWi-Fi Protected Setupの略で、Wi-Fiに接続できるスマホやパソコンといった端末を簡単に接続できる機能です。

家で良く使われる据え置きの無線LAN親機に搭載されていることもあり、パソコンの設定が分からない人でも簡単に接続できるため、大変便利なシステムです。
また、近年増えているモバイルルーターにも搭載されているため、多くの方が使っているのではないでしょうか。
ここでは簡単にWPSを利用して簡単にインターネットに接続するための手順について紹介します。

モバイルルーターでのWPS接続の方法

まずはインターネットに接続したい端末とモバイルルーターの電源を入れます。
次にモバイルルーターの設定で無線LANの設定を開き、WPS接続モードを有効にします。
そしてモバイルルーターを電波が受け入れられる状態にした後、Wi-Fiで接続したい端末でモバイルルータのWi-Fiと接続するように設定を行います。
これでモバイルルーターとパソコンでインターネットに接続できたことを確認できれば、設定は完了です。

このように数字を入力したり、端末のインターネット接続に必要な細かい設定をすることなく簡単にインターネットに接続する事ができます。
なお、細かい手順や動作はモバイルルーターや端末によって異なるため、取扱説明書に従って行うと良いでしょう。

WPS接続のメリットと注意点

WPS接続はパソコンの良く知らない方でも簡単に設定できるという利便性の他に、メリットがあります。
それは無線LANのセキュリティを設定する必要がないということです。
通常、セキュリティの設定は複雑で、専門的な知識を必要とするのですが、WPS接続であればモバイルルーターがワンタッチで設定を行ってくれるため、簡単で安全にインターネットに接続することができます。
そのため、インターネットを楽しみたいけど、セキュリティが心配という方にもお勧めの方法です。

そんな便利なWPS接続ですが、注意しなければならない点もあります。
それはモバイルルーターをブリッジで接続している場合はWPS接続が使えないことがあるということです。
ブリッジ接続も便利な機能なのですが、モバイルルーターによっては電波を中継する機能のみとなり、WPS機能が使えなくなることもあるため、注意が必要です。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ