L03-E(docomo)を実際に使ってみた体験談

・モバイルルーターを使い始めたきっかけ
わたしがモバイルルーターを使用し始めてから、かれこれ3年ほど経ちます。
契約したきっかけは母が「契約すればノートパソコンプレゼント」というのに惹かれたことにあり、当初は兼用で使うことになっていたのですが、結局母はパソコンを使いこなすことができず、わたし専用のものとなっています。
料金は約5千円、スマートフォン同様に7GBの制限があります。

購入当初は実家暮らしでパソコンを使ったインターネットもスマホでのWi-Fi接続もモバイルルーターひとつで行っていましたが、今ほどデータ通信量も多くなかったこともあってか通信制限がかかることはほとんどありませんでした。
ちなみに現在は実家を離れて、自宅に光回線を引いているのですが解約せずに使い続けています。

・使用端末について

使用しているモバイルルーターはdocomoのL03-Eという端末です。

シンプルなブラックの本体は縦9cm×横6cmほどで2cm弱の厚さです。
カードケース程度の大きさなのでカバンに入れてもそれほど場所を取らず、程よい厚みもあるので破損の心配もあまりありません。(薄型のものはちょっとしたことで二つに折れてしまいそうで…。)

左下にあるシルバーの電源スイッチをスライドして2秒以上キープすることで電源がオンになり、つるんとしたデザインの中に搭載されている1.8インチの液晶画面が表示されます。
右下に見えるのがジョグキーで、設定メニューの表示やキーロックなどの操作が可能となっています。

・液晶画面をチェック


まず、画面左上に電波の受信レベルが表示されています。受信レベルは3段階表示となっています。
その隣は接続中のネットワーク回線。
我が家ではLTE回線となっていますが、このほかに「3G」と「GSM」の文字が表示されることもあります。
次がインターネットとの接続状況のマークなんですが、このマークが表示されていない場合はインターネット未接続となっています。
そして、緑色の人型と数字はWi-Fi接続中の端末数、右端が電池残量といった具合になっています。
右下には月初めから今まで使ったデータ通信量が表示されています。これで通信制限がかかるまであとどれくらいかをチェックできます。

実は一番大きく中央に「NTT docomo」と表示されているのはどうなのだろうと思っています。
下手にデータ通信量を大きく表示したりメニュー画面を表示したりするよりも見やすいのかもしれませんが、それなら現在時刻を表示するなどガラケーの待ち受け画面のようにすればいいのではないかと思ってしまいます。

・ジョグキーでできること

液晶画面の下にあるのがジョグキーです。
このジョグキーは押す方向によって以下のように動作します。

■垂直に押す

  • 接続ネットワーク名表示画面(以後、待ち受け画像)で2秒以上押すと設定メニュー表示
  • 設定メニュー表示中、短く押すと選んだ項目を決定

■上向きに押す

  • 待ち受け画面で2秒以上押すと公衆無線LAN接続のON/OFF切り替え
  • 設定メニュー表示中、短く押すとカーソルを上に移動

■下向きに押す

  • 待ち受け画面で2秒以上押すとWi-Fi機能のON/OFF切り替え
  • 設定メニュー表示中、短く押すとカーソルを下に移動

■左向きに押す

  • 待ち受け画面で2秒以上押すとWPS機能を利用してほかのWi-Fi対応端末を自端末にWi-Fi接続
  • 設定メニュー表示中、短く押すと1つ前の画面に戻る

■右向きに押す

  • 待ち受け画面で2秒以上押すとロックを設定/解除
  • 設定メニュー表示中、短く押すと選んだ項目を決定

ちなみに筆者は公衆無線LANもWPS機能も使用しない上、ロック操作も行わないので待ち受け画面ではWi-Fi機能のスイッチングとなる下向きにしか押していません。

・省エネできるポイント

前項でご説明したようになぜスイッチングを行うのかというと、一定時間Wi-Fiに接続する端末がない場合は自動的にWi-Fi機能がオフになるからです。この設定は設定メニューから変更可能で、切断されるまでの時間は10分・30分・60分・オフ(自動的に接続をオフしない)というようになっています。
自動的にWi-Fi機能をオフすることで省電力モードになるため、初期設定では10分となっているので利用推奨なのかもしれません。

また、液晶画面も一定時間何も操作されなければ自動で消灯されます。こちらも設定メニューから変更可能で、5秒・15秒・30秒・1分・2分というようになっています。消えてしまった液晶画面は電源スイッチを短くスライドすることで再度表示することが可能になっています。画面が消灯されているときはジョグキーを操作しても反応しないのでご動作も防げて省エネにもなるので一石二鳥です。

・ジョグキーの操作性

ジョグキーの操作性については可もなく不可もなくといった具合です。
ボタンと違って誤って押してしまう心配も少ないですし、十字キーと決定ボタンを兼ね備えているので省スペースになっていると思います。

ただ、通常のボタンと違って押しにくいという点はあります。垂直方向での押下はそれほど問題がないのですが、上下左右の各方向に2秒以上長押しする際にぶれてしまうことがあることが少し気になります。
購入当初、ジョグキーは壊れやすそうだと思っていましたが、3年経っても特に不具合はないので問題ないです。

・設定メニューとは?

ジョグキーを垂直に押すことで表示される設定メニューについてですが、以下の画像のようになっています。

基本情報とはこの端末に挿入されているUIMカードの電話番号とSSID・セキュリティキーを表示します。
SSIDとセキュリティキーは背面のリアカバー裏面にも記載はされているのですが、外す手間がなく確認できるのはとてもわかりやすくていいですよね。
次にわたしは有効にしていないので黒くなってしまい見づらいのですが、USBテザリングのON/OFF切り替えです。

3番目は公衆無線LANの設定です。出先でフリーWi-Fiの環境があればそこに接続できるんですが、それならスマートフォンやパソコンを直接フリーWi-Fiに接続するのでこの機能って必要なのかなといつも思っています。

そして4番目が設定。ここではデータ通信量表示のON/OFFや前述のWi-Fi機能のオートオフ時間の設定、液晶画面の明るさ変更や画面点灯時間の変更という基本設定を行うことが可能です。

・どんなときに使っているか?

イメージ

現在は自宅に光回線を引いているので、モバイルルーターは外出先での使用がメインです。
特に旅行の際には欠かすことができません。最近ではWi-Fi環境が整ったホテルも多いですが、そうでないホテルもまだ多いので。また、日帰り旅行でも撮った写真をSNSにアップすることもあるので持ち歩くようにしています。

使用用途はスマートフォンでのデータ通信量の節約と快適なインターネットを楽しむため。
自宅では固定回線のWi-Fiを使っているので通信速度も速く、データ通信量もほぼ無制限に近いため好きなだけネットを使っていますが、Wi-Fiに接続せずにデータ通信を行うとすぐに通信制限がかかってしまうので、モバイルルーターと併用して通信制限を回避しています。

モバイルルーターでも一応7GBまでという制限はありますが、自宅では使わないですし、普段の外出にはあまり持ち歩かないのでこれに関しては問題ありません。

イメージ

イメージ

また、気分転換にカフェなどでパソコンを使って作業する際も活躍しています。
ホテルと同じく飲食店などでもWi-Fi環境は整ってきていますが、まだ多くの場所ではフリーWi-Fiが導入されていないので、好きな場所で仕事ができるというのがモバイルルーターのメリットです。
前述のとおり、コンパクトなサイズなので持ち運びが非常に便利な点もとても気に入っています。

・バッテリーはどれくらい持つ?

L03-Eは3,600mAhの大容量バッテリーを搭載しており、連続で通信できる時間ははXi回線の場合なら最大12時間、3G回線であれば最大13時間となっています。しかも、Wi-Fi機能をオフにしている場合はなんとXiモードで460時間、3Gモードで540時間という長時間の利用が可能となっています。

・実はモバイルチャージャーにもなる

そんな長時間利用可能なL-03E、実はモバイルチャージャーとしても使えるんです。その場合、USBコネクタ付の充電ケーブルを用意する必要があるので、わたしは使っていません。
しかし、外でWi-Fiも使えてモバイルチャージャーとしても使えるというのは、まさに一石二鳥なので素晴らしいと思います。当たり前ですがモバイルルーターとモバイルチャージャーの二つを持ち歩く必要がないのですから。

ただし、3600mAhというのは通常のスマートフォンのバッテリー容量とほぼ同じなので、スマートフォンを充電するとモバイルチャージャーの電池が無くなってしまうというリスクもあるので注意が必要です。

・通信エリアについて

通信エリアはdocomoの電波を使用していることもあり、とても広いエリアで使うことが可能。本当に山奥だったり峠道だったりに入らない限り、圏外になることはほとんどありません。

・今後利用していくかどうか

時折、「モバイルルーターは無くても問題がないのでは?」と思ってしまいますが、やはり外でWi-Fiに接続できるという強みがあるので、この先もしばらくは使い続けていく予定です。
また、モバイルルーターはスマートフォンと違って操作回数などが少ないため、よほどのことがない限り故障もしないので、機種変更もしばらくは必要ないでしょう。

しかし、料金プランについては様々なプランが追加されたりするので、こまめにチェックしてお得なものがあればそちらに乗り換えていくことが最善なのかもしれません。ちなみに、わたしは契約当初のままの料金プランなのでこの機会にプラン変更などをショップに相談しに行ってみようと思います。

・L-03Eを使って思ったことと契約のすすめ

L-03Eを3年ほど使って思うことは、やはりこういったものは大手3キャリアのものを利用するのが安心なのだということ。
特にわたしのような初心者・素人はそのほうが安全です。
大手キャリアにすると利用料金は割高になっていますが、その分通信エリアが広い、プランの相談などをショップで気軽にできるという安心感があります。

また、契約はインターネットでも可能ですが、できればお店で直接契約するほうがいいでしょう。そうすれば契約時に自宅や職場などが高速エリアに含まれているかなどもきちんと調べてくれるので、「契約したけどエリア外だった!」という失敗もありません。

もし、これからモバイルルーターの契約を検討しているという方は、自分がどれだけネットワーク関係に強いかなどを把握してから会社選びをするのがおすすめです。

※個人の感想です。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ