Pocket WiFi 305ZT(ワイモバイル)を実際に使ってみた体験談

モバイルルーターを使う上でコールセンターをはじめ、通信速度、つながりやすさ、エリアなど使っててどんな感じ??
が皆さん気になるかと思います。
今回はYmobileの305ZTシリーズを使って分かった4つのことについてまとめていきます。

1、エリアと繋がりやすさ

現在Ymobileはヤフーに吸収されて以降、エリアや繋がりやすさなども良くなったと言われています。
その中の製品305ZTはLTE通信であり、通常速度下り最大187.5Mbpsがでるようです。

実際使ったところ、確かに夜の混雑タイム以外はサクサク動画も動き、画質も良い。
ですが、決まってではないものの金曜22時以降、土曜日19時以降は通信自体できているけど、速度が落ちやすい印象があります。
動画配信サイトで海外ドラマなんて見ようものなら、楽しさよりイライラが増すばかりで見れたもんじゃありません。
地域もあるのでしょうか、木造で2階で地方となると、繋がりにくさをもれなく体感しますが、都内で駅構内とかでは、サクサク見れたりする都内では強い味方だったりするのかもしれません。

エリアに関してですが、都心を始め関東圏内であれば不自由なく利用できます。
都内以外でポケットwifiを使いたい人は安く使えて捨てたもんじゃない機械かと思います。

2、同時通信と機械の相性

機器による同時通信ですが、パソコンとスマホ、タブレットも入れて3台といった2,3台までは試したところ、速度が落ちると言ったことはないものの途中で接続が切れやすくなります。
パソコン、タブレットは東芝windows7・8で試していますのでそれ以外の機器との相性が不明です。

ネットやアプリ使用中は接続が切れることはないものの、つないだまま少し放置すると、再接続したくてもあまりに繋がらないため再度設定し直さないといけなくなる時が何度もあります。
機器のせいなのかルーターのせいなのか、登録してあるはずなのに、wifi電波をキャッチしない。これは一体どうしたものか。
登録するとすぐ接続できるのですが、うっかり接続したまま放置しすぎると謎の手間が生じます。
手間はあるものの、機械音痴の私でも、すぐ再接続できるよう簡単に設計されているので、途中で切れてしまうのはご愛嬌としておこうと思います。

3、7G以上の末路

305ZTは通常速度はデータ容量上限7Gまでです。
それ以上になるとルーター内にお知らせがやってきて500MBずつ容量追加を注文し合計9Gまで追加できるようになっています。

さて、7Gを超えて容量追加をした後の305ZTですが、9Gまでは調子がいい。簡単に容量追加ができて、比較的すぐ速度が回復する。ボタン一つでここまでできる思うと、この機器は何者なんだだと言いたくなるくらい感心します。

ごく稀にですが、容量追加をしてもすぐに反映されない時があります。
機械の誤作動なのかセンターに届かないのか何だか不明です。何度も容量追加を押して、少し時間を置いたら完了していたということも高頻度にありますから、ちょっとしたイライラを生むのが上手いYmobile様なわけです。

他に不満が言えるなら500MBずつの容量追加は結構無駄に感じています。
何故500MB?
音楽配信は別として、アプリを少し使えばすぐ上限に達してしまいます。
それを9Gまでやる。
正直、やりますけど面倒くさいので、せめて1Gずつにしてもらえません?と思います。
他の会社でもやっているので、Ymobileだけを責められないんですけどね。

4、 バッテリーと熱発生

305ZTはバッテリー9時間という比較的長時間持つと言われていますが、実際は9時間以上使える日もあれば5時間くらいでなくなるケースも。その違いはやはり使用するアプリや状況などで変わります。

仕事などで常時ネットにアクセスしている状態でない場合で通勤や休み時間に使う程度であれば夜までバッテリーが持ちます。
ただゲームとか動画といった重量が重いものはエネルギーを要するのか、バッテリーもすぐなくなり、午前中だけで残量50%以下なんて日もあります。
使用感としては連続通信時間は4,5時間が限界かと思います。

消耗に関しては毎日かれこれ1年以上使用していますが、今でも4.5時間はキープできています。案外頑丈なようです。

ですがやはり熱はある程度生じます。
この熱に関してですが、すごいなーと思ったのが連続使用していてもさほど熱くならず携帯より熱くなることは無いと言うこと。
携帯が熱を帯びやすいのは当たり前なんですが、ルーターは連続接続していても携帯の言う37℃程度の肌感くらいまでしか熱くなりません。そのため誤作動も少なく、安定して使用できていたように思います。

まとめ

305ZTはきっともう中古で安く手に入る代物ではないかと思います。
中古で手に入れてSIM変えて容量大きくして使用するとしたらどうなの?
と思った場合、4.5時間がっつり使うとき用といった、予備程度の存在に考えてもらえればいいのかなと思います。

機器の同時接続をし過ぎなければ接続が途絶えることもありませんし、誤作動も少ない印象を受けます。
この記事が利用する人に役立てば幸いです。

※個人の感想です。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ