Speed Wi-Fi NEXT WX01(UQ WiMAX)を実際に使ってみた体験談ケース2

モバイルルーターは、自宅では固定回線の代わりになり、外出先でもネット環境を持つことができる、とても便利なものです。
私自身、1年ほど使用してみました。
その間に気づいた使用勝手、選ぶ上で決め手となった点があります。

選んだ決め手

モバイルルーターの機種は様々あり、さらに契約内容もキャリアによって違ったりします。
私がモバイルルーターを選ぶ上で重視した点は以下の通りです。

  • 月々データ通信量が無制限で使用できるか。
  • 月々の使用料金は安いか。

以上の2点を重視して選びました。

速度制限後でもそれなりの速度が出るwimax

まず、「月々データ通信量が無制限で使用できるか。」ですが、月々無制限で利用できる主なモバイルルーターは、「wimax」と「Yモバイル」があります。
どちらも7GBプランと、無制限プランの2種類がありますが、無制限プランでも3日間制限というものがあります。
この制限後の速度の差が大きく、wimaxは非公表ながらも5Mbpsほど出ます。一方、Yモバイルは128kbpsしか出ないようです。

5Mbps出れば、youtubeで720pの動画が途切れることなく見ることが出来ますし、ネットサイトを見ることも普通に出来ます。
しかし、128kbpsでは動画を見ることは難しいですし、普通のネットサイトも開くまで数秒待たなくてはなりません。

そのため、この部分の差は非常に大きいと思いました。
しかし、wimaxの制限後の速度は、キャリアが公式に公表しているわけではないので、今後遅くなる可能性もあるので、注意すべきポイントです。

キャッシュバック

月々の料金で、wimaxとYモバイルを比較しても、どちらもさほど大差はありませんでした。
しかし、キャッシュバックというものに大きな差がありました。

イメージ

イメージ

Yモバイルにはありませんでしたが、wimaxにはキャッシュバックがあり、私が契約したプロバイダーの、GMOとくとくBBでは30000円の現金キャッシュバックを受けられました。
しかし、このキャッシュバックは契約して約1年後に来るメールに、指定口座を入力し、返信しなければなりません。
その間、キャンペーンメールなどが送られ続けられ、その中に埋もれる形でキャッシュバックメールが来る形になるので、注意が必要です。

wimax回線の制限について

私の自宅では、ベストエフォートには遠く及びませんが、平均して15Mbpsほど速度がでます。

このように20Mbps安定して出ることも。

しかし、通常のネットサーフィン程度であれば制限がかかることはないのですが、youtubeや、huluなどの動画視聴サービスを使用すると、割とすぐ制限がかかってしまいます。
直近3日間で3GBまでしか使うことができません。
固定回線にはこのような制限はありませんが、この3日間制限がモバイルルーターの最大のデメリットではないでしょうか。

%e7%94%bb%e5%83%8f3
制限がかかっても、多少の遅延はありますが、動画視聴は可能です。しかし、やはり制限時よりも速度は劣ります。

通信エリアについて

基本的に、障害物が少ない場所であれば、概ね満足出来る速度がでます。
しかし、マンションに囲まれている場所や、ビルなどの屋内だと、電波が悪くなり、街中でカバーエリア内なのに全く使い物にならない場合もありました。
そのため、使用するにはある程度見通しの良い窓際に置いておかねばなりません。

エリアに関しては、実際に機器を使用してみないとわからない部分が多いですが、wimaxでは無料で2週間レンタルしてくれるサービスを行っているので、事前に自分の生活環境周辺の電波状況を確かめることができるのは良いポイントだと思いました。

複数台の端末を利用するには必須

以前、モバイルルーターを持っていなかった時、外出先でパソコンやタブレットを使用するために、スマートフォンのテザリングを使って通信をしていました。
しかし、テザリングではスマートフォンの通信の使用量も気になりますし、電池の減りも早くなっていたため、なかなか悩みも尽きませんでした。

そこで、モバイルルーターを使い始めたところ、その二つの悩みは解消されました。
スマートフォンの電池の減りを気にする必要も無くなりましたし、通信も無制限プランであれば気にせず通信できます。

画像のとおり、本体も薄いので、複数の端末と持ち歩く際にもストレスはありません。

モバイルルーターを使用し始めた分、スマートフォンのデータプランも以前より少ない通信量のものにでき、その差額分の料金をモバイルルーターへ回せるので、金銭的にもそれほど負担なく済みました。

まとめ

モバイルルーターは私の使用環境では、概ね満足出来るものでした。
特に、複数の端末の通信をする場合は、個々の端末で契約するのでなく、モバイルルーターの通信に集約することで、料金の節約にもつながる結果となりました。

しかし、これから懸念されるのが3日間制限の速度問題です。
wimaxでは今現在、速度規制時でもある程度の速度が出ていますが、これからもそれが保証されるわけではありません。実際に使用する時期によっても速度が急激に遅くなったこともありました。

それでも制限時、ある程度の速度を維持できることは、wimax独自の強みだと感じます。
制限時速度は改悪されないことを祈るばかりです…

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ